健康 と 言えるのでは・・

healthy.jpg

今日は16時前後に 子供たちがとなりの田んぼのスクモ(もみがら)で遊び始め
それを外でずっと見ていました。 まあ風の冷たいこと!!
すっかり秋らしくなりました。

入院中 漢方薬を飲んでいることを 集中治療科の医師に伝えたところ
すぐに何を飲んでいるかを知らせて欲しいといわれ 
どうしてそう言うのかを丁寧に教えていただきました。 内容がちょっと衝撃的でして・・

退院時にも 医師から それを飲まないと 体が明らかに辛いのであればやめる必要は無いが
健康な体に入れる薬は毒です。と はっきりと話されました。
まして漢方であれば 飲む際に苦痛を伴うこともあるでしょうしそれも良いことではないのでは・・と。 
服用する薬を出されず 元気に退院した息子の姿をみて 
息子は健康としかいえないと 思わざるを得ませんでした。
回りくどくなりましたが 今は漢方薬を飲んでいません。

寒くなり 肌も乾燥してきました。 かゆがることもありますが 実際ひどくはなっていません。

親の考えで 子供たちを振り回すことはしたくない
けど良かれと思ってでした。
どれが正解でどれがダメであるのかは 実際わかりません。
考えすぎても仕方がないので 今は様子を見守るのみです。

最近 母から お風呂に入れる鉱石をプレゼントされ
その直前に私は 大好きな通販生活で 評判の入浴剤を注文し
ボディーソープは 入院の為に 買ってしまった低刺激のものを使い
結果的に すごく肌に優しい 入浴になりました。

確かに お風呂がより安心できる場所になっています。
子供たちのボリボリは 目に見えて減っています。
明礬の花ミノン









スポンサーサイト

血液検査

pafa.jpg

去年の10月が最後になっていた 血液検査を 先日してきました。

漢方で治療している子供たちの様子を調べるためです。

毎度毎度この結果をきく時はドキドキします。

息子(5歳) は 先生が「アレルギーの数値」と呼ぶ IGEの値が 
前回の半分、300に下がっていました!
この値は正直下がらないものかと思っていましたので 驚きました。
素直に嬉しかったです。

心配していた 卵白 卵黄の値も 前回の半分以下に下がりました。
最初の検査から比べると 12分の1に値も少なくなっています。
気をつけた食事をすることは変わりないですが 結果が出てくることは やはり心強いです。

娘(3歳)は 私の予想に反して グーンと アレルギーの数値が上がりました。
卵白に少しだけ反応が出たので 様子をみていくことになりました。
食事は お兄ちゃんと一緒なので 特にガマンすることもなさそうです。

子供の体は 自分自身の力でグングンたくましく強くなっています。
息子は年長さんになってから一日も幼稚園を休まずに通っています。
去年は一ヶ月に1日は休んでいたので 大きな成長です。

広い心で見守る育児が今出来ていなくて ガミガミ言っている自分に自己嫌悪だったりします。
子供の成長に母が追いついていないようで・・

母も頑張らねば。。


レーザー治療

cob2.jpg


花粉症対策のため レーザー治療を受けてきました。

鼻の粘膜の鼻づまりを起こしている部分にレーザーを照射する治療です。
鼻にガーゼをいれる麻酔の後、レーザーで鼻の内部を焼いていくというものだそうで、
手術時間は、麻酔が効くのを待ったり 術後に経過観察をするのも入れて一時間ちょっとでしょうか。

効果は個人差はありますが、およそ1年から2年は持続する とのことです。

保険も効きますよ!


鼻の麻酔は ヒェー こんなところまで モノを詰めるなんて人生初体験!!
オー ヒャー って 感じです。

が、 痛みがあるとか 苦しいとかは ほとんどなく
安全なものだったと思います。

花粉の時期だけではなく くしゃみが止まらなくなることがある体質なので
効果があったら こんなに嬉しいことはありません。

花粉のシーズン 鼻のお薬をもらい続けることを考えれば
大きな出費ではなかったと思うので あとは 効果を待つばかり。
今は 先生に言われたとおり 鼻水がたくさん出ていて 
またまた ヒェーですが これも治まってくるでしょう。。

医療は進みましたねー。

うーん やっぱり嬉しい!!

hitosuzi.jpg


先週 かかりつけの皮膚科で 
息子の定期的にやっていただいている 血液検査の結果を 聞いてきました。

結果。

検査を始めてしたとき(2歳)から 上がり続けていた 
IgEの数値が 初めて下がりました!
卵白 卵黄の数値も 下がりました!!
卵白は 2年前 {12}だった値が {2}まで 下がりました。

漢方を飲み続けて約1年。

息子の体が強くなってきたのもあるのだとは 思いますが
やはり 治療を続ける中で 結果として 良い方向に近づいてきたことが 本当にホッとしたし 嬉しかったのです。

数値の推移にあまり 一喜一憂するのはよくないとは思いつつ
先生の前で息子の前で 大喜びしてしまいました

息子が 自信がなさそうな 様子を見せたり
よく 泣いてしまったり 甘えん坊だったりしたのは
卵を食べれなかったり 乾燥のため肌がブツブツしてしまったり
(なんでブツブツしてるの?って園で聞かれたことがあったようです)
 
息子が一人で抱えていたこと たぶん いろいろあると思うんです。

まだ、卵を制限なくたべることはできません。
ただ、事実 いい方向に 進んでいることで きっと息子の態度にも
よりよい傾向が出てきてくれるのではと 信じています。

息子にはこう話します。

たいちゃんは強いパワーのある戦士だから 
すごーい強いタマゴ怪獣が 戦いを挑んできたんだね。
血が戦うから 見えないけれど 
神様がたいちゃんなら この怪獣を倒せると思って たいちゃんを戦士にしたんだよ。

それでーー!!
だんだん パンチが効いてきて 今 やっつけにかかってるんだって
先生が 言ってたよ。
 
怪獣がたいちゃんの体から飛んでいくまで もうひとパワーだね。
やっつけようね!

息子は うん!と 笑顔になってくれています。

今までも こうやって言ってきましたが 結果に出てきたことで 私も力強く応援できます。

息子よ がんばれーー! みんな応援しているよ!!



追伸:

実家の掘りごたつの中に ざぶとん布団を作り 勝手にお昼寝を始めてしまった子供たち↓
をみながら 書いています(笑)

ktoatu.jpg





なんだか ホッとした

e38df49e.jpg


昨日は 漢方のお医者さんへの再診日。
私の血液検査の結果を知らせてもらうことになっていました。

ほこりっぽいところにいくと 途端にくしゃみや鼻水が
止まらなくなってしまうことを先生に訴えたところ
ダニやほこりに対しての 血液検査をしてみましょう。
ということになったのです。

実は、結果を聞く前まで ドキドキしていたのです。
息子のIgE(アレルギー性疾患があれば、IgEは上昇するとのこと)が 通常の30倍もあったために
もしかして お母さんもかなりのアレルギー体質かもしれないと先生に言われたのです。

私も ほこりっぽい布団をかぶった時の くしゃみが尋常ではなく
もしかして すごいアレルギー体質で それが息子や娘にそのまま 遺伝されていたら 

・・・なんということだ!! と 考えてしまっていたわけで。。

結果は 成人は180までの値なら通常範囲ということでしたが
私は70でした。
ハウスダストも 反応は1と軽いもので(最高は6)きちんと掃除をしていれば問題ないでしょうとのことでした。

これはかなりの自己満足なのですが 正直ホッとしました。
漢方の先生の力を借りて いろいろと教えていただきながら
いろんなアレルギーに向かっていかないと。と いつもよりも前向きに思えました。

季節の変わり目なので 息子もちょっとアレルギーの症状がみられています。
娘の肌もかさかさ 私の肌もかさかさしてきています。

少しずつ 少しずつ 強くなって いこうね。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。