息子が教えてくれること

20070127073352.jpg


先日、コンビニに行ったときのこと。

息子が本棚の下段にある 分厚いマンガ本を興味深そうにみていました。
私は隣で 雑誌をみていたのです。多分30秒くらいだったと思います。

「おかあさん、ここやぶけちゃった・・」と息子の声。

よーくみると 1㎝ほど やぶけちゃっていたんです。
ドラえもんの漫画をみていたと思っていたのに 
そのとき 手に取っていたのは 奥様向けのマジメな漫画。
私は全く漫画を読まないので あらあら とは思いましたが
これも 子供に教えるチャンスと思って 一緒にレジにいって

「ここ やぶいてしまったので 買いますね」といって 買ってきました。

お店の人は「あげたいくらいだけど・・」と同情してくださいましたが 
やはり ここは心を鬼にして・・(^.^)

息子に悪気はなく このときは(笑)「なにやってるのー!!」と 責める気持ちにはなりませんでした。
でも 破けている本は お店で売れないこと。 
売っているものは 買うまではお店のもので 優しく扱わなければいけないこと。

口で言うより 息子には印象に残ったのではないでしょうか。。

夫には 私が漫画を買ったと思われて 「どうしちゃったの!?!」と 驚かれましたが(笑)
数百円で 大切なことを息子に教えられたのではないかなと 感じたのでした。

さて、そのときに 衝動買いをしてしまったのが この本。↓

[新装版]子どもが育つ魔法の言葉

子育てに関する本は 大概が同じようなことを訴えています。
子供を愛するがゆえに 忘れてしまっていることを 教えてくれる内容が多いのではないでしょうか。

最近読み終わった 石田衣良のエッセイ集にも 子育てに関してほぼ同じことが書いてありました。
手帳に書きとめたので ご紹介します。

なるべく子どもたちが持っている 運命の邪魔をしないでほしい。
自分の果たせなかった夢を押し付けたり 愛情と言う名のもとで
息も出来ないくらいに 子どもたちを縛り付けるのはやめてほしい。


うーん 出来そうで 難しいことのような気がします。
出来るだけ 頭において 子育てできたらと 感じます。

みなさんは 子育てで 気をつけていること ありますか?



スポンサーサイト

大きくなったら何になるの? パート2

birth.jpg


私:大きくなったら何になるの?

娘:うさぎさん

おかあさんのお腹の中はどうだった?
明るかった?暗かった?

くらかった

誰の声がした?
おとうさんは?

ちない(しない)

たいちゃん(兄)は?

ちない

おかあさんは?

ちた

お母さんのお腹の中で何して遊んでたの?

ぴょんぴょん って。(嬉しそうに蹴るポーズをしている)

どうして お父さんとお母さんの所に生まれて来てくれたの?

おとうさんとー おかあさんとー たいちゃんとー あそぶの。

お父さんとお母さんとたいちゃんのことが好きだから?

そう

また書き加えていきますが コレが下の子(もうすぐ2歳)が話し出した 
胎内記憶?かもしれません。
お母さんの声だけが聞こえたの言うのは何だかリアルでした。

大きくなったらうさぎさんになるというのは かたくなで(笑)
あんなに たくさんのことが理解できるようになったのに
面白いなあと思って 会話を楽しんでいます。

寝るときに話をするので 記憶しておくのが 大変困難です
ビデオにでも撮りたいくらいです。

つたないけれど・・

cairns-australia-big.jpg


海外にすむ知り合いや親戚には 数年前までクリスマスカードを送っていた我が家。

しかし ここは日本。私たちの習慣は年賀状!ということで
あえて 日本流に 元旦に届くように 年賀状を送るようにしています。

そして、先日 オーストラリアでホームステイをしていたときの
ホストマザーから 私たちが年賀状に記したメールアドレス宛に メッセージをもらいました。

毎年 多く生徒を迎え入れているその家庭では クリスマスに印刷したメッセージをいただいていたので
私あてに メッセージをくれたことがとっても嬉しくて
早速返事を書いたのです。

彼女(ホストマザー)の家にお世話になったのは 5週間という短い間でした。
でも、初めて一人で飛行機に乗り 初めてのオーストラリアという
不安もたくさんある 私の気持ちを 大きな大きな心と体(笑)で迎えてくれたのが彼女と彼女の夫でした。

いろんなことがあったオーストラリアの滞在。
本当のお母さんのように接してくれた彼女に
滞在中にあった出来事をメールで告白し 聞いてもらうことにしました。

・・・・・となると 必要なのが 英語。

辞書をひきながら でも 自分のことを書くのですから
しっかり伝えたい!! 

つたないと おもいます。。。 でも 書いて覚えるしかないと 奮闘中です。

彼女と私にしかわからないことを書いて 伝わって 返事が返ってくると 嬉しくて(*^_^*)
いい機会を与えてくれた彼女に感謝しつつしばらく頑張ってみます。


地鎮祭と上棟式

20070115090849.jpg


遅れていた 家づくりもやっと 来週に地鎮祭を行うことが決まりました。

「地鎮祭」という言葉だけが先行して どうして地鎮祭をやるのかというところを
私の中であまり考えていなかったのが現実でした。

「地鎮祭」は工事に先立ち、土地の神を祝って敷地を清め、
工事中の安全と建築物が何事もなく永くその場所に建っていられることを願うお祭りです。


「上棟式」
上棟式は一般に建前と呼ばれており、家屋の棟木(むなぎ)を上げるにあたり、
大工さん達が神を祀って行なう儀式です。


地鎮祭は家族の安泰と幸福を願って行われるとあります。
家を新築をすると厄がつきやすいといわれたりするようで
2つの式を通して お餅をまいたりする行為にあるように
厄をどこかへ持っていってもらうという いわれがあるようです。

↓HPより抜粋↓
○山から切り出した木で家を建てると「山の神さま」までついてくるから、
神さまが好物の餅をまいて家から出でいってもらう説、
○家を新築した年には、何らかの厄がその家にもたらされるという言い伝えがあり、
その厄を近隣の人やたくさんの人に分けて持ち帰ってもらう説などなど


家を建てるという作業は たくさんの職人さんやハウスメーカーさんがかかわり行われる
私たちにとって大変な出来事です。
お互いがよい気持ちで工事が始まり
そして無事に工事が進み これからもずっと家族が平和に暮らしていけるように 
式のなかで みんなが感じられたら嬉しいことです。

多くのお金がかかる家づくり。
”上棟の時 お餅やお金ををまいたりすること。
周りの人や通る人に振舞うことで、先に損をするという意味がある。
「損して得とれ」でそれをすると後に悪いことが起きないのだ。”
という考えがあるとテレビでみました。
そう思うと ここできちんと お金をつかって(笑)みるというのも
軽い言い方ですが アリ! なのかもしれません。

みなさん お宅を新築される時に 地鎮祭上棟式どのようにやられましたか?
ぜひ アドバイスをください。
(コメントしにくい方は メールでもいいです)


最近読んでいる本

20070113071716.jpg 20070113070711.jpg


近くにある公民館の図書室で よく本を借ります。
新刊コーナーで息子が「これ かりるー」と言ったのは どちらも男の子らしい車の本でした。

新刊といっても どちらも
{もう一度手渡したい「こどものとも」十五選}なんて
かいてありましたので 20年ほど前に一度出版されたもののようです。

読むほうは ちょっと大変ですが どちらも心温まるいいお話ですよ。

我が家にある本で娘(もうすぐ2歳)が大好きな本も少し紹介してみます。
息子(もうすぐ4歳)が読んであげられるような単純な内容ですが
なかなか話も面白かったりして 私も好きな本です。

はじめてのぼうけん〈1〉ぴょーん がたん ごとん がたん ごとん

そしていつも実用書ばかり読んでいる私が 本当に久しぶりに借りたエッセイ。
石田衣良の本。

空は、今日も、青いか?

これもなかなか面白いです。子育てからは頭の中だけ少し離れることができますよ(*^_^*)

なかなか最近記事にするような話題がなくて(笑)
今日は本の紹介のみにしたいと思います。それでは!





こんな週末でした

yaidujinjan.jpg


6日に取り払った お飾りを納めに 日曜日。
近くの神社へ行ってきました。
用事が重なり 初詣にも行っていなかったので 初詣も兼ねて ということで。。

お飾りを片手にお参りする人がたくさんいる中 
我が家もその中に混じり お参りしたり おみくじをひいたり。

今年が健康で無事に過ぎますように・・・・

そして 今日は 図書館で借りた地元の情報誌に載っていた
駅 構内にある パン屋さんの まぐろや黒はんぺんを使ったバーガーで昼食。
これが本当に美味しかった!黒はんぺんバーガーは120円。
近くの方は是非お試しください。

パンを食べたのが近くの海岸。
夫も私もそこへ行くのは かなり久しぶり。
子供たちも うみーー に かなり興奮。

hamatoume.jpg


寒くて風の強かったのもあり 空も澄んで 海の色も鮮やか。
海の話を何回するより 実際に見て 体験するのが子供には一番!!

余談ですが、体験!といえばで 昨日の昼食のことを。

ホームベーカリーでピザ生地を作り、ピザを作りました。
オーブンを使わず、魚焼きグリルで焼くという方法を友達から教えてもらい
挑戦! 5分かからず 1枚が焼きあがり、
小さな石焼窯状態になるというグリルも本当によい仕事。
これは最高!ふっくらモチモチの食感!これからピザは家でつくると決めました(*^^)v
子供たちもたくさん食べてくれました。

いろんな経験をさせてあげなくては。
今は親が環境を整えてあげなくては。と あらためて気づかされた週末でした。 




今年もよろしくお願いします

Happy20New20Year.jpg



あけましておめでとうございます。
今年もマイペースにこのブログやって行きたいと思っていますので
お時間のあるときにでも遊びに来てください。

夫のお休みが31日と1日のみ でしたので
夫はのんびり というわけにはいきませんでしたが

30日は弟が友人を招いて 実家で夕食をとるというので
私も子供たちをつれて 行って来ました。

シンガポールの方と アメリカの方 それぞれとても魅力的な人たちで
話に加わっているだけで 心地いい よい経験でした。
なんと 日本語に堪能な彼らは 弟のムリな提案にも答え
百人一首に挑戦!

そして なんと どんどん 札を取っていくではありませんか。。
何事にも貪欲に 学ぶことを忘れないのは 大切ですね。

子供たちも 彼らなりに 小さな国際交流を楽しんでいる様子でした。

dani.jpg


このお正月は年末から実家に泊まり 食事も母に任せきりで
私はとても楽してしまったんです。。(少し反省)
大勢の食事を次から次へと文句も言わずに作ってくれて しかも本当に美味しい!!この場を借りてお母さんありがとう。。

去年のお正月の記事にも書きましたが、普段会えない友達と会えるのも
大型連休のよいところ。

今年も何人かの友達と久しぶりに再会して 本当にリフレッシュできました。
それぞれ全く違う毎日を送っているけど みんなの存在があるから
それを励みに頑張れるし がんばろうという気持ちにさせてくれます。

さて、もう6日です。
今年の目標は 
ダラダラとした時間を過ごさず 時間を大切に。有効に!
時間を守る!といったように 時間に対して 自分に厳しくいこうと思います。

あとは英会話ですね 毎年毎年言っていますが 今年こそは!!

長くなりましたが 今年も一年よろしくお願いします!