ウィルス性胃腸炎

fc_ityouen.gif


建前の前日から 娘が嘔吐 39度を超える高熱。
建前の日は 娘も 上棟式のことも気になって バタバタの一日でした。
娘の高熱は丸2日。その後下痢が始まり・・・

少しずつよくなってきたと思ったら 息子が 39度を超える熱を出しながら嘔吐。

やっとよくなったと思ったら
ゾクゾクゾク 今度は私が高熱。私も39度を超えました。大人なのに 丸3日もです。

そして胃腸炎の症状がばっちり出ました。

今回は私の両親と夫に頼りっぱなしで ずっと寝ているしかありませんでした。

子供二人も胃腸炎をやっているので トイレのお世話を何度もやっていれば 
移るだろうなと 小児科で 前もってもらっていた私の分の薬。

大活躍でした。

やっと3人が そろって 外出できるようになったのは 丸々一週間後。

免疫力を高めて 体力をつけて 子供の病気をもらわないようになりたい!!

最近は病気をもらってばかりで 悔しい思いばかり。。
健康のありがたさを 心から実感している私です。

みなさんは 子供さんの風邪や胃腸炎 もらってしまうことがありますか?
風邪を引かないために何か していますか?

私は 乾布摩擦を始めてみました。
足が冷えていないことを 早くも実感でき 嬉しかったです。



スポンサーサイト

上棟

17日18日と 2日かけて 上棟の作業が行われました。
我が家の形がいよいよ 見えてきました。

今日は 写真をたくさんUPして 紹介していこうと思っています。

FH000024.jpg

↑これは初日の午前中の写真です。
私が現地についたときには もうここまで出来上がっていました。早い!!

夫の実家に入ると 自分では想像していなかったお祝いの数!
これは普段から夫の両親が ご近所とお付き合いをしてきた 紛れもない証です。
ありがとうございます。

FH000023.jpg


いただいたお祝いは上棟に際してなので 返礼は明日に行うのが通例とのこと。
実は こんなにお祝いをいただけるとは思わず 大工さんたちへのお礼として
ビールを綺麗に包装して渡すだけになっていたのですが・・・

山のような一升瓶を ずっと置いておくわけにもいかないので
急遽予定変更!!

母と相談して お赤飯とビールを ご近所へ。
ご近所からいただいた お酒を大工さんへ お渡しすることにしました。

赤飯の数も11ヶ。実家のよく使うお店に依頼。
いただいた金額や品によって お菓子を加えたり調整また調整。

結局 ありがたいことに 次から次へとお祝いも増えて
ギリギリで その日のうちに 実家に関係する方全てにお礼をすることができました。
(犠牲者は 私の両親と祖母。ごめんなさい。
お酒一升だけ 当日は渡して終わりになってしまいました。
後日あらためて お礼を。。 )

FH000020.jpg


日曜日の16時。上棟式です。
2階に棟梁さん、ハウスメーカーさん、家族と夫の両親らがはしごで登り 
棟梁さんに続いて 二礼二拍手一礼。

↓お神酒の後ろにある 飾り・・(これはなんというんでしょう。。)
棟梁さんの手作りで この家が あり続ける限り 屋根裏に保管されるとのことです。
棟梁さんが とても親切でよい方で この人なら安心して任せられるなと 幸せな気持ちになりました。

FH000019.jpg


この後は家の四方に 棟梁さんが お神酒
夫がお洗米 私が塩をまいて。
家の玄関脇にゴールドのプレートがあり プレゼントしてくださるとのこと。
(家に必要な金具で ここだけゴールドにしてあるとのこと)
夫 私 息子が ビス止めをさせていただきました。

FH000007.jpg


最後は 上棟に携わってくださった方全員で乾杯をし 祝儀を受け取っていただき 記念撮影!!

一言!
上棟式 身が引き締まりました!
家に携わる人たちと お会いしたり お話したり出来たことは とてもよかったです。

これから家造りをされるかたは きちんとやられることをオススメしますよ。

実は 娘のウィルス性胃腸炎がしっかり重なり ドタバタの週末でした。
今は解放に向かっています。
大事な時に 子供は 敏感なんですよね。。

これから また家の進行状態を出来るだけリアルタイムでお伝えします!

おじいちゃんのひとこと。

ojii.jpg


よくいく夫の実家で ニコニコ笑って ペコっとお辞儀をして迎えてくれるおじいちゃん。

子供たちにとってはひいおじいちゃんになります。

物忘れが多くなり 時々宇宙人になったりしますが 温和でかわいらしいおじいちゃんです。

最近は 夕食を食べたことを忘れてしまったりすることもあるそうで
年齢も年齢なので仕方がないことなのですが
食事をとにかく きちっと食べているので それが健康の秘訣なのだと感じています。

そんなおじいちゃん。

昨日 帰り際に 私にはっきりとこういったのです。

「子どもたちを 大事にな」と。

実はここ一週間 自分が熱を出して 寝込んだり
子供たち二人が 花粉からくると思われる症状がでて 顔をみるたびに
辛そうで 胸を痛めていたり・・
病院で 先生にみてもらって 話を聞いても すっきりしなくて
気分が晴れずにいたんです。

家造りで 決めなくてはいけないことも 多々あって・・

なんて 重なっていて 疲れていたのもいけなかったのでしょう。

いつも私には 世間話と昔話しかしないおじいちゃんが
温かい笑顔で 子どもたちをを大事に といってくれた言葉は
なにかしらのメッセージなんだと 感じました。

もっと命にかかわる病気と戦っている親子だっていっぱいいるのです。
わかってはいるのに 我が子のこととなると どうしてもダメな私です。

おじいちゃん ありがとう。
強い母にならねば なりませんね(*^_^*)

今、エコをもう一度考える

images.jpg


前に友達のemiさんが 日記に書いていたのですが 
私も 分別が今 とても楽しいのです。
ゴミの分別。

燃えるゴミは 野菜の切りくずなどの生ゴミ 紙おむつ 写真やレシートなどの感熱紙。

くらいなんです。

表示をみれば
kami.gif
 紙マークがついているのが殆ど。
残りは 
000124569.jpg
 プラマークか 

紙パックのリサイクルマーク。

とにかく 紙マークが多いこと多いこと。
我が家のゴミ箱は リサイクルの紙であふれています。

月に一度の資源ごみの日に 出すまで 少々ガサばるのは確かですが
(毎月、大きな紙袋に4つ以上になります)
また 紙になって戻ってきてくれると子供たちに話しながら
エコを実践できていることが本当に嬉しいし楽しいのです。

変わりに 燃えるゴミが本当に減りました。
今まで いかに リサイクルできる紙を 燃やしてしまっていたかと思うと 本当に反省です。

正しいゴミ処理の方法をみんなが実践すると 地球にも優しく 最終的には税金が減り 家計にも優しくなると 信じています。
まずは 余分なものを買わないこと。そしてゴミを減らすこと。
何より 自分自身が気持ち良いと 実感できることが 嬉しい毎日です。

ゴミ意外だと 私は ラップを使うのが非常に苦手です。
以前に外国のこどもの教育法を紹介するテレビで 
お弁当などでは フタつきのプラスチック容器を使うのが当然。とみてからなのですが ラップを使うことに 使い捨てのイメージで
どうしても抵抗があり 家の中ではほとんど使わずに
フタつきのパイレックス
20070209183309.jpg
やプラスチック容器で対応しています。
慣れると 使い勝手がよくて やめられません。

みなさんは どんなエコ してますか?





誕生日はつづくーー

cake.jpg


娘が2歳の誕生日を迎えました。

元気で迎えられたことが何より嬉しいことです。

誕生日ケーキは 息子のアレルギーのこともあり
前回とは違うところにお願いしました。
前回同様 デコレーションの見本がいっぱい!
娘の選んだのは メロンパンナちゃん (↑写真参照!)

卵を使っていないスポンジでできているこのケーキ。
スポンジは 普通のスポンジとマドレーヌの中間くらい。
とっても美味しかった!大人がはまりそうです。
このスポンジは 小さいものが 店頭にも並んでいて商品になっているもの。
美味しいわけです。

そして 一週間後 今度は私の誕生日でした。
(我が家は娘 一週間後 私。 息子 一週間後に 夫。と
1月から4月まで お誕生日がつづきます)

実家で、私の祖母 両親 と計7人でお祝いしてもらいました。
母が炊いてくれた お赤飯と 父が用意してくれた オードブルで
子供たちが歌ってくれた ハッピーバースデー。
私は幸せ者です。

そして、父が毎年、母と私の誕生日に送ってくれる 花束。

flower.jpg


ロマンチストでしょ(笑)
お父さん ありがとう。

そして 我が家の誕生日は まだまだ続くのでした。

宗教とは

20070202133247.jpg


世界の宗教の信者数は、キリスト教の20億人 (33%) 、
イスラム教(イスラーム)13億人 (22%) 、ヒンドゥー教9億人 (15%) 、仏教3億6000万人 (6%) 、
儒教・道教2億3000万人 (4%) 、無宗教8億5000万人 (14%)、その他(5%程度)である。
一般にキリスト教、イスラム教、仏教は世界宗教とよばれ、人種や民族、文化圏の枠を超え
広範な人々に広まっている。


最近、ある宗教を信じる方とお話をすることがあり
(世界の14%と言われる)無宗教者である 私も 宗教についていろいろと考えています。
海外などでは 宗教の話をするのはタブーといいます。
宗教によって 人が死んでしまうような争いさえ起きているのですから。
今日はあえて書いてみますが・・・

私は、無宗教ですが 神様の存在を認めています。
氏神様 土地の神様 いろんな目に見えない存在に守られている 見守られているという 感覚があります。

自分の考えばかり述べますが たとえ その宗教の信者でなくても 
「世界に生きるすべてのひとの幸せを祈るもの」が 私は本当の宗教のあるべき姿だと思っています。
この宗教に入らないと ダメだと言い切るような ところは感心しません。

先日読んだ本に こんなことが書いてありました。

『世界がもし100人の村だったら』と言うベストセラーがあった。
僕は自爆テロのニュースをきくたびに、こんな夢を見る。
世界中の小学校で、新入学の初日に教えるのだ。
数億人の子どもたちに手わたされる教科書の
1行目には、こう書いてある。
「世界には100人の神様がいて、
 私たちが信じている
 キリスト(あるいはマホメット、仏陀)
 は、そのうちのひとりにすぎません」


こうしたら 世界で宗教による争いが減るのではというもの。

単純ではないことは明らかだけど 教育でわかりやすく子供のときから教えておくことは大切なのでは と単純な私は感じたのでした。

今回のことがあり それぞれの宗教が教えようとしているのは何なのか
そこまで 多くの人が信仰する理由はどこにあるのか。
調べてみたくなりました。

みなさんは 信仰について 考えるような機会があったこと ありますか??



 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。