温泉

onsen-illust1.jpg


昨日。 父に誘ってもらって 川根温泉に行ってきました。

聞いてはいましたが 行ってみるのは初めて。
温泉 食事 施設とも満足しました。

まず 嬉しかったのは 露天風呂から眺めることができたSL。
子供たち大喜びです。
sl03.jpg


何かが”効いている!”と感じる温泉。
贅沢なことに 源泉かけ流しだそうです。
出てからもしばらく体がほっかほかでした。

前日にプールで日焼けしていたので みんなの肌にいい作用が働いたはずです。
お風呂で 時々 しみるー という子供たちも
温泉では しみなかったそうで ちょっと嬉しくなりました。

温泉というのは 不思議で
人それぞれ 悪いところを 正常に戻そうと 働くそうですね。
興味深いです。

川根温泉は効能が高く 泉質が最高だそうです。
確かに最高でした。

みなさんも是非!!
 

スポンサーサイト

みんなからのおみやげ

tomika_img2.gif      pato_package.jpg


お盆にたくさんのお友達に会うことができました。

小田原に実家のあるお友達からは↑↑ かまぼこトミカなるものをいただきました。
すっごくよくできていて かわいくて子供たち大喜び。
そこでしか買えない食べ物って 価値がありますね。

img10094481.jpg


東京ばな奈

nattoumisosiru1.jpg


納豆みそ汁(茨城)

その土地土地で特徴があって 本当に面白かったので紹介しました。

みなさんは どんなご当地ものが 印象に残っていますか?

私は静岡みやげなら 黒はんぺん 生シラス こっこ を送るかなあ。

モノより思い出だ!

bluesky_4.jpg


今日は お友達家族とBBQに行ってきました。

澄んだ川での川遊び。

なぜかやけに美味しく感じてしまう幸せなBBQ。

量より質だよ!と言った友達に妙に納得。
ちょっぴり高級なお肉を買っちゃったりして(笑)
どうせ食べるなら こだわって・・ なんて もうおばさんなのかな。

子供たちにとっても 楽しい思い出になってくれたかな・・

残飯なく 河原も元通り。 
ゴミも少なく帰ってこれて 気持ちもスッキリでした。
お友達が使い捨てでないプラスチック製の容器を持っていてくれたのもとても気持ちがよかったです。

それ以外にも このお盆の期間に 
実家へ里帰りをさせてもらったり
子供を預けて大切な友達とお食事をして リフレッシュしたりと
充実した 夏休みになりました。

大切な友達と話をすることは 「自分リセット」のような感じで欠かせない時間です。

大笑いしながら話す 学生時代の昔話。

その中で 高校時代に行った演奏旅行の話になったのですが・・

GVA_001.jpg



まあ 10数年前のことなのに 事細かにみんな覚えていること!!(笑)

旅行にはかなりの個人負担(旅行費)がかかりました。
それぞれの親が あの金額を 子供の為に用意してくれたことにあらためてみんなで感謝しました。
今、同じ経験をしたいと思っても出来ない 大変貴重な経験でした。

自分に大きな財産となっているのは 経験です。
子供にも たくさんの経験・思い出を作ってもらいたいものです。




講習会

先日、浄化槽管理者講習会というのに参加してきました。

子供を預けて一人で講習会なんて 初めてのことです。

家を建てる際  ※合併浄化槽というのを 取り付けたのですが 
その後 補助金を市から支給され 支給者たちを対象としたものでした。

jyoukasou.gif


※●合併浄化槽とは
合併浄化槽の働きを一言でいうと「水洗トイレからの汚水(し尿)や台所・風呂などからの排水(生活雑排水)を微生物の働きなどを利用して浄化し、きれいな水にして放流するための施設」です。


自分の家に設置すると 管理者 となるそうです
浄化槽の装置を 効率よく動かすかも 故障を早めるかも 生活排水の出し方によるのだそうです。

具体的には 台所排水が家の排水の中で一番汚れていて(トイレの何倍もだそうです)
出来るだけ 新聞紙などで食器の汚れをふき取り 排水を汚さないこと。
使い終わったマヨネーズなど 何度も何度も洗わなければきれいにならない容器は可燃ごみとして 出して欲しいとのこと。(これは私の市だけかもしれません)
トイレを掃除する 流してOKの紙クリーナーも 水に溶けないので 燃えるごみで流したほうが浄化槽にやさしいこと。
台所 風呂 洗濯機など複数個所から 同時に大量の水を流さないように注意することなど です。

市街地では下水道が普及していて 浄化槽を各家に設置する必要はないようなのですが
我が家のように 自宅にひとつ。と言う家も 多いのではないかと思います。

私は恥ずかしながら今回初めて知ったのですが 浄化槽にも大きく分けて2種類あり、
①単独浄化槽・(トイレの汚水だけを処理する浄化槽で、生活雑排水は未処理のまま放流される)
②合併浄化槽・(台所 トイレ 洗濯 風呂)の生活排水が全て処理される浄化槽)

現在は法律が改正されて 単独浄化槽は原則として新たに設置することが出来なくなり 浄化槽のことは 合併・・ のことを指すようになったそうですが。

私の住んでいる市では トイレ以外の生活排水は”たれ流し”という家が
全体の半分にもなるそうです。
実家の前の小さな川が 子供の頃に比べて 驚くほど汚れたのは このためだったのだと ショックを受けました。

少しずつ 環境のために 改善されていったらいいな。

確かに維持にお金がかかるんですが、
車と同じような感覚で点検も車検も 乗り方も 気をつけていこうと思いました!!




最近読んだ本

ときどき ご紹介しております タイトルですが・・

今回は エコに関するものが多いです。



具体的な環境に対する提案がいっぱい!!
非常に勉強になった一冊です。
当たり前のこと 少し前の日本であったら 当然であったこと。
でも 今の日本が忘れていること。気づかせてくれます。
 
レジ袋一枚は石油がおちょこ一杯分必要。

タオルを作るのも 防虫剤・除草剤・殺虫剤と農薬がいっぱいで
出来上がった糸を また漂白 ってなってるそうです。

そうでないのは オーガニックコットンのタオルだそうです。
(知らなかったのは私だけかもしれません(反省))

便座暖房を一日中つけていると ドライヤーを強にして30分つけっぱなしにしておくのと同じ電力をつかっているそう。

日本では年間 250億膳!! の割り箸をつかっているそうです。
ほとんどが中国の木を使っているもの 立派な森林破壊!?ではないでしょうか。
マイ箸や 日本の間伐材を使ったお箸があるそうですよ

長くなってしまうので 興味のある方は是非読んでね。





アメリカ在住のおばとお買い物に行ったときに
ああ、これは アメリカの雑誌の日本版ねと教えられました。
それまで知らなかったので ちょっとびっくり。
すごく好きな雑誌です。



ケニア環境副大臣が著書のこの本。
小学生でも読めそうな わかりやすい内容です。
最初に紹介した 地球に・・と 全く同じ話が載っていたりして
訴えたいことはかなり近い感じです。

最近は 本だけでなく 雑誌も読んで 新しい情報も得たいななんて思っています。
ファッション誌はご無沙汰してしまっていますが。。

みなさんのお気に入りも教えてくださいね。


減感作療法

allergy.jpg



みなさんは何らかのアレルギーをお持ちですか?

我が家の住宅ローンの担当をしてくださっている営業さんが
小学生のときから 花粉に苦しんでいてるそうで 
数年前から 少しずつ アレルゲンそのものを体内に取り込んで免疫をつけていくという 
減感作療法をやっているそうなのです。

ひどかった花粉症は 薬も全くいらないほどのところまで きているとのこと。
根本的に花粉症とさようならするには 現時点ではこの方法しかないと聞いて ぜひやってみたいと思っていました。
(※何年も 何十回もの注射が必要です 確実に治るものではないようです)

私は改めて検査をしたところ スギとヒノキに 陽性がでました。
耳鼻科医いわく 典型的な 結果のようです。

その療法をやるつもりで 医者に相談したのですが
あまりおすすめしていない 
・アレルゲンそのものを少量とはいえ注射するのでショックで起こる事故が毎年あること
・注射用のアレルゲンは 限定されていて まだ少数。
療法を実践できないアレルゲンもまだあるとのこと
・2ヶ月くらいがピークの花粉症のために
一年中 何十回も注射に通う手間が かかりすぎるのではということ
・一度のレーザー治療で半年効果があること

ということで 今年はレーザー治療に挑戦してみることになりました。

説明にも納得したので 対処療法を選びましたが
アレルギーは本当にやっかいですよね。

みなさんのアレルギー体験も また教えてください。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。