最近のヒット

40度越えした娘の風邪も治まりました。
ですが、幼稚園では新型インフルエンザが流行りだし学級閉鎖。
結局2週間娘は幼稚園に行けていません。

風邪とはいっても 辛い時期はすぐに終わってしまうので退屈な毎日。
外にも出られず 娘はクッキング。
エプロンをして それはそれは楽しそうです。
そんなときに大活躍だったのが↓
おやついん

宅配の商品で初めて買ってみたのですが 
卵を使わなくてもクッキーも蒸しパンもバッチリ美味しく出来ました。
クッキーは私は材料を用意して焼いただけ こねるのも型抜きも娘が一人でやって
サクサクのクッキーが出来て 満足していたようでした。
ホットケーキミックスだとこうはならなかったので また買おうと思っています!


グリーンボックス
あとはお野菜。
私は自分自身の定番ばかり買ってしまって 買う野菜が決まりきっていたので
それを打ち破ろうと週代わりでいろんなお野菜たちがお手ごろに手に入る買い方をしています。
今まで買ったことのないような野菜もあるので レシピを調べて料理するのは
新たな発見もあります。 でもこれも続けないとダメですね。

やさいたっぷり
野菜つながりで ドレッシングは ↑ ばかりになりました。
子供たちが野菜をバクバク食べるのには 本当に助かっています。
今日はナマの大根とゆでたもやし トマトを乗せたサラダにしましたが間食してくれました。

ということで 最近のヒットを思いつくまま書いてみました。
みなさんのオススメ また教えてください。




スポンサーサイト

隣の芝生はよく見えるらしい

labor-union.jpg

先週末 労働組合の交渉というのに参加してきました。
↓(最後まで読まれて不快になった方は申し訳ないです)

午前中は仕事をして行った関係で 受付時間をちょうど終わる頃に到着。
一番後ろの列に滑り込んだ同僚と私。
他の方は これからの交渉内容を確認しあい腕には腕章姿。

重役の方が前に並び 交渉が始まりました。
私のお世話になっている団体は 役割が大きく二つに分かれていて 
普段は全く別の場所で仕事をしています。
パートさんが多く働く 別のところの方の勢いがなかなかのものでした。
私たちが働いているところは以前からお話しているように 
みんなが大人で、細かいあーだこーだは殆ど耳にしません。
もちろん 目標や目的はみな同じで 仕事をしている仲間です。

が、同じところで 多くの主婦達が長い間働いていると 
恵まれている条件に慣れてしまい 不満ばかりが溜まっている様子でした。
重役に伝えるには あまりに小さな日々の出来事を声を震わせ訴えていました。

働き始めて一年未満の私たちにとって 驚きの光景でした。

確かに労働者には権利があり きちんと経営陣に訴えていくことは大切ですが
自分自身がいまおかれている環境を冷静に振り返り いいところも認めていかないと
毎日が楽しく送れないのではと 個人的には感じてしまいました。

きっと 退職して 気が付かれるのではないでしょうか。。

これは 働くことだけにとどまりませんが 隣の芝生はなんとやら・・
羨ましいとは思っても 先には進めませんね。

40度越え

HL18_10.gif

土曜日 娘が熱を出しました。
9度に近く 夜間救急へ。
発熱から10時間近く経っていましたが インフルエンザの検査は最低でも半日経ってから・・
とのことで 検査していただけず・・・

日曜日 朝一で 休日当番医へ。
検査しましたが インフルエンザ陰性。
初めてお目にかかる先生でしたが インフルエンザ検査キットは季節性のものを調べるものなので
6、7割の方しか かかっていても陽性とならないそう。
陰性=新型インフルエンザにかかっていない とは 言い切れないとのこと。
「お母さんどうしますか?? 」と 聞かれ 朝、しっかり下がった熱のこともあり 風邪薬をもらってきました。

しかし、午後から 熱が上がりだし 最終的に40度4分に!
今朝の先生の言葉も参考にして 最後は自己判断で
息子の時に処方されていたタミフルを娘にあたえました。

今日、やっとかかりつけの医師に見ていただけたのですが
かかりつけ医師は 簡易検査で出ないなんてことはない。 朝には熱が下がり元気になるのはインフルエンザとはいえないとの判断。
結局 いつもの風邪薬。。。

お母さん仲間の情報もいろいろ聞いて 元気の良いインフルエンザ。
陰性になるが 症状が明らかに インフルエンザなんていうのもあったりして
今は 熱と軽い咳だけの娘に タミフルをあたえています。

なんだか3人の医師の意見に振り回されてしまいましたけど
私は この全く鼻水のない 高い熱という症状は やはりインフルエンザだと感じてます・・

ああ!! 難しい!!

衝撃の真実(笑)

血液型

今日、実家で 子供たちと私と私の父の4人でトランプをしました。

娘が、次に出す札をあまりにのんびり考えていた時、父が冗談半分に
「○○は血液型は何型だ?」と 聞いてきました。
そして 次に一言 「おれはB型だってさ」 と。

えっ 何言っちゃってるの? お父さんはO型だよ。」
弟が生まれて 弟がO型だってわかった時に その当時自称AB型だった父は
B型の母との間に O型は生まれないとのことで 調べた!?と 聞いていたわたし。

「だって 人間ドックでそうかいてあるよ」と父。
確かに B(-)と バッチリ表記がありました。

血液型が好きな私にとって 父はO型・・・ 
漠然と大好きな優しい父のような人とと思ったのか好きになる人はO型ばかり。(現在の夫もO型です)
O型男性はちょっとだけ特別だったのに 全ては思い込み!?(大笑)

こんなことって あるんですねえ。

思い返せば 父は 明るく、思うままに行動し 人生を楽しむB型 そのもの!な人でした。

いろんな意味で 私の中で すーーーーっきり しました。 これが真実だったか!と

全員B型の”7ならべ”は たぶん時々順番が飛ばされ パス3だか4だか全員が対して気にせず
超いい加減に進んでいったのでした!!

健康 と 言えるのでは・・

healthy.jpg

今日は16時前後に 子供たちがとなりの田んぼのスクモ(もみがら)で遊び始め
それを外でずっと見ていました。 まあ風の冷たいこと!!
すっかり秋らしくなりました。

入院中 漢方薬を飲んでいることを 集中治療科の医師に伝えたところ
すぐに何を飲んでいるかを知らせて欲しいといわれ 
どうしてそう言うのかを丁寧に教えていただきました。 内容がちょっと衝撃的でして・・

退院時にも 医師から それを飲まないと 体が明らかに辛いのであればやめる必要は無いが
健康な体に入れる薬は毒です。と はっきりと話されました。
まして漢方であれば 飲む際に苦痛を伴うこともあるでしょうしそれも良いことではないのでは・・と。 
服用する薬を出されず 元気に退院した息子の姿をみて 
息子は健康としかいえないと 思わざるを得ませんでした。
回りくどくなりましたが 今は漢方薬を飲んでいません。

寒くなり 肌も乾燥してきました。 かゆがることもありますが 実際ひどくはなっていません。

親の考えで 子供たちを振り回すことはしたくない
けど良かれと思ってでした。
どれが正解でどれがダメであるのかは 実際わかりません。
考えすぎても仕方がないので 今は様子を見守るのみです。

最近 母から お風呂に入れる鉱石をプレゼントされ
その直前に私は 大好きな通販生活で 評判の入浴剤を注文し
ボディーソープは 入院の為に 買ってしまった低刺激のものを使い
結果的に すごく肌に優しい 入浴になりました。

確かに お風呂がより安心できる場所になっています。
子供たちのボリボリは 目に見えて減っています。
明礬の花ミノン