完泳証明書

syojyo-s1.gif

水泳教室。
息子は昨日2月度の進級テストを受けました。この級では初めてになります。
結果は まだ不合格。 それはそうかなという感じで受け取りました。

テストの結果が記されるノートと一緒に 賞状が入っていました。
初めて25メートル泳げたときにいただけるものだそうです。

賞状を飾る額縁を2つ購入したものの、娘が先に絵で賞をいただいて 息子ものものがなく
早く 賞状を飾ってあげたいと思っていたのでとっても嬉しかったです。

昨日は ちょっとバタバタで 娘は前々から習いたいと言われていたので
一年生からなら いいかな・・ と ピアノの体験レッスンに行ってきました。

受けてみるとやはり楽しい様子で 続けてやりたいとのこと。

子供がやりたいものだけをやらせてあげたいと 今も思っているのですが
仲のいいお友達の影響もあり いろいろ”やりたい”が始まってしまいました。
このまま全部聞き入れてしますと 月 水 金 とおけいこごとになってしまいます。

みなさんはおけいこごとたくさんやっていますか?
私は一つ!と思っていた時期が長いので 困惑していますよ(苦笑)
スポンサーサイト

教わってみて わかるなあ

advice.jpg

いつもと違う種類の仕事を グループ戦でやっています・・

なんて少し前に書きましたが、全員が個人目標を超過達成!ということで目標を上回る形でほぼ終了しました。
ずっとそのことが頭の中にあるなんて日もあったので ちょっとホッとしています。

今回は 経験も実績もある方に 仕事の仕方を日々報告して アドバイスをもらうということが続きました。

で、思ったこと。

人間関係は 大人同士でも 親子でも 同じなんだということ。
自分が教わる立場に立ってみて 

’信用してますよ’という入り方と
’出来るかなあ?’という半信半疑な入り方と
’あんまり期待してないよ’というのでは 大違い。

べったり付いて なんでも教えますよ。 というのと
とりあえず やってみて。 どうしようもなくなったら 助けるよ。 というのと

出来た時、ちゃんと認めてくれる これも大事だった。

すべてにおいて感じ方が全然違う!!

久しぶりに自分が人に教わって 我が子の気持ちがわかったような気がしました。

深い!!!!



みんなそれぞれ・・

healthy.jpg

プールで子供の様子をみながら 同じ母親として 尊敬できるママと話をしていました。

どうすれば こんな風に子供たちを育てられるのか?? 何をしているの?? と 素朴な疑問でした。

結局聞いてみれば みんな時期は違っても同じような問題にぶつかっていて
その時の対処の仕方 その時の母親からの伝え方 とか 少しずつの積み重ねなのかなと 思いました。

印象に残ったのは 「この子はどうすれば この状態から もっとよりよい方向に向けるのかを考えた」
と話してくれたことです。

シンプルだけど 性別 性格 全部違うから こうやって 
その子に合わせてきちんと 母親が考えてあげることが 逆に一番の近道なのでしょう。

勉強になりました。



じゃあね そして いってきます

airpla.jpg

先週のことになりますが・・

先日いろいろ書いた 行ってしまう上級生のお兄ちゃんは 
やはり時間が早かろうと遅かろうと関係なく 我が家の前を通り過ぎていっています。
私もその方が楽で逆に安心しています。

息子の、いつものように お母さんも途中まで・・ というので200メートルくらいかな 
歩いていくこともあります。

6年生で肩を抱いて連れて行ってくれるお兄ちゃんのところまで来たとき、
じゃあね。 と あっけなく 私に背中を向けて歩いていく息子を見て あっ 変わった!と思いました。

翌日は 自分から行ってきます!といって スタスタと歩いて行きました。

これが当たり前だよと 笑われてしまうかもしれませんが 小さな違いでも
毎日接していると 私にはとてもうれしく感じました。

またまた反省を書きますが やはり 私の影響は大きく
よく話を聞いてあげて 頭ごなしに怒ったりするのを控えれば控えるほど 息子はのびのびと過ごします。
結果 私も楽になり楽しんで子育て出来るようになってきます。

わかってはいますが 一進一退 すぐにはすっきりそのようにはなりません。
ただ、少しずつでも 息子が成長し 私もそれで成長させてもらえて ありがたいなと思います。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。