青い光

shiryokensa.jpg

先週 あんまりゲームをすると眼鏡になっちゃうよ と 息子に話すと
突然、 僕は 良い眼じゃないの お母さんは 良い眼でしょ。 と 息子が言い出した。

泣いているので 落ち着かせて聞いてみると 普段の生活ではあまり感じないけれど
真っ白いものをみると 青や赤が混じったような光が 視界に現れて 右へ行けば右へついてくると・・

かなり私も驚いて 翌日、近く届けを学校に出し、眼科へ。
しばらくして順番がきたけれど 先生が 小さい声で 
「これは やっかいだなあ・・」 といった。

先生からは何の説明もなく 看護師さんから 
「学校が終わってから 眼底検査をするので 今日はここまで」といわれ
心配でたまらない日中をすごし 夕方再度病院へ。

瞳孔を開く目薬をさして 眼底検査へ。

結果・・

神経、出血 等見られず 異状なし。
青い光も 時期に消えていくでしょう。 ただし 少し近視が進んでいるので
本の読み方 テレビの見方には注意しましょう とのこと。


はああああーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー


その場で泣いてしまいそうでした。
疑いとしては 網膜はく離とかでしたので もしそうなら 大好きなサッカー
来週の運動会まで 無理と言われるんじゃないかと そうならどう伝えようか
最後は神頼みでした。


いろいろあります、ほんと。


昨日は娘の4回目のピアノレッスンがありました。
1回目は1人で行ったのですが 二回目からは付き添っていました。
ぐずぐず泣きそうになりながらのレッスンが続いていました。。
ピアノに向かえば弾くのですが 明らかに ダラダラでした。
先生に何か指摘されると 泣きだす始末。

昨日は先生から レッスンを始める前の段階で・・ と ご指摘をうけ
私もそう感じ 娘も行きたくないときっぱり! ピアノは好きなのに・・ 意味がない。

ということで 先生には辞めることを伝え 今の教室は終わりに。。
娘のピアノは娘が本気でやりたくなるまで とりあえず習いに行くのもやめることにしました。

先生との相性があるからと 周りのおかあさんがよく話していましたが 
こういうことなのかもしれません。 スキがない 自然な笑顔をみせない先生でした。
(先生としては もちろん きちんとされたよい先生です)
通信教育、ピアノと 学校以外でやっていたことが 少しスリムになりました。

しばらく これでいいのかも。 まだ一年生だし。

人と人とのかかわりは 難しい。 いろいろ学ぶところがあります。




毎日 すっきり!! と いく日があまりなく 
早く 発散方法を見つけなくちゃです。
毎日を楽しく過ごさなくちゃ もったいないもんね。


スポンサーサイト

おもってるサイン

onakaitai.jpg

息子8歳。 元気よく学校に行っているのですが
あたまいたい が 少し前から始まっています。 いつも こんな話ですいません。。
おなかいたい も 時々あります。

いろいろ考えても 体調を崩しているそういう痛いではなさそうです。
でも 本当に痛いみたいなのです。
一度 内科にもつれていきましたが やはり大丈夫なよう。

担任の先生に 内科の結果をつたえたところ
昨日、今日と 頭痛を訴えています。とのことだったので
息子と また話をじっくりしてみました。

行ってきます!して しばらくあるいていると ピクッ あっ 痛いとなる
学校でも 激しく運動していない日なのに 頭の上の部分おでこのすぐ上ぐらいが痛くなるというのです。
おうちにいると 痛くないのに・・ と。

何かの病気なら 熱が高くなるだろうし 別のいろいろ不調が出てくるはずなので
それは 置いておいて 真剣に私も考えました。
あっているかどうかは分かりませんが 私と息子の今の時点の 納得地点は・・

息子がまだ小さいころが多いですが、息子を寝かしつけるときに 子供が落ち着くからと・・
愛の電池 充電できるポイントが おでこと丹田(おへその下の部分)
そこに触れてあげながら(だっこすると自然に近付けるばしょです)
スキンシップをしてあげたら いい と 聞いてよくしていたのです。

そこってアンテナみたいになっていて 他の人にはわからないけど
お母さんと子供につながってる 見えないポイントなのかなって。

わたし確かにおもってるんです、100%
学校に送り出して10分くらい。 ああ 今日は無事に行けただろうか。
仕事しながら 今日は保健室から電話がかかってこないだろうか。 私おもってるんです。

too much な 心配が 息子に届いて 逆に息子を不安定にさせているのでは・・と

こう私がおもったのは 息子がこうやって頭痛を連日訴えて みんなに迷惑じゃないかなと 私に不安そうに話してきたからです。

ああ、息子が感じる必要のないことで不安にさせているなって。
これじゃ 逆ですよね。
そして もっとスキンシップで愛の充電してほしいっていうサインでもあるとおもいます。

息子には お腹がピキッと痛くなったら あっ お母さん また心配してるな。って思ってね。と伝えました。
赤ちゃんの時から お母さんが 息子のおでことおなかに触れて 大好きと伝えてきたことも話しました。
心配し過ぎのお母さんごめんね。と 伝えました。

心からくる痛みなら 早く取り除けますように。。
すごくすごく感度の高いアンテナをもっているかもしれない 息子とその母でした!

おしえられます。

hoken.jpg

娘がピアノ教室に通い始め
行きは送って行きました。
レッスンも自分一人で受けて 帰りも自転車で1人で帰ってきたいという娘。
いままで 恥ずかしがり屋さんだったので 自信が付くいい機会かと思い その通りにしました。
昨日のことです。

17時過ぎに 自転車で無事に帰宅。
にこにこだったのですが 家のすぐ近所で 猫を抱いたおばさんと接触してしまったらしく
おなまえをおしえて といわれ 教えた と いいながら 大泣きを始めてしまいました。

手をつないで 戻ってみると 家から数百メートルのところの面識のない方のお宅。
ピンポンをしてお話ししてみると 足が痛いようすです。
逃げ出した猫を追いかけて 周りの注意をしていない状態で うちの娘が通り過ぎ 自転車とおばさんの足が引っ掛かる状態になったようです。
骨折はしていないから大丈夫 辛かったら病院にいくけど
この子を叱らないであげてね と 何度も繰り返してくれましたが やはり心配になりました。

娘は 感受性が豊かで 大人の気持ちも察知しやすいので 
もう大丈夫だし それでも不安なことがあったらなんでも聞くから言うんだよ。 と言って あとは何も話しませんでした。

そして今日、
お詫びの気持ちを受け取ってほしくて あと通院されたのかも教えてほしくて
再度訪問。
直前に 庭をスタスタ歩けているおばさんをみて少し安心。
玄関でお話しすると 病院にも行っていないし もう大丈夫とのこと。
お詫びを渡すと 逆に 下処理の終わったたけのこと とれたてのお豆を持たせてくれました。

娘にもおばさんが 大丈夫だったことを伝えて 一安心です。

さて、今回 私のもう一つの安心になったのが 個人賠償保険に加入していたこと。
受付と損害保険会社の方の対応からいろいろ勉強になることがありました。
我が家は毎月120円ずつ掛けているのですが 家族誰でも 思いがけず今回のようなことがあると
保障の対象になります。

今回は病院に通わなかったので 保険は使わないことになりましたが
これから こういうことがあったとき 損害保険のしくみを知れたことは自分でも大きかったです。

うちの子供たちも 行動範囲が広まってきて ますます今回のようなことが増えそうですが
安心料で まだこの保険は続けていこうと思ってます。

初日

soccerschool.jpg

今日は息子のサッカースクール入会初日。

コーチ2人のみで 主に運営しているだけあって 
数日前に、「入会したいのですが どうしたらいいですか?」 と 電話したら
次の練習日に 直接来てくれたらそれでいいです。との返事。
とっても さっぱりしていて ちょっと笑えました。

今日も納めるお金と必要書類を渡し 手続き1分ほどで 入会手続き完了。
息子に 中でボールを蹴ってきな!といって そのまま息子はかなりスムースに輪の中に入って行きました。

練習を積み重ねて 上手になっていく子供に
家でお母さんとボール遊びだけしている子供がかなうわけがないと素直に思います。
具体的に 実践で覚えていく あたりまえのことかもしれませんが 上手になるわけです。

ウチの息子は 列の最後に自信なさげについているようなスタートで
実践練習になっても コーチが一回言った 練習パターンが理解できていなくて
何度もやり直しになりました。
コーチの話すことは たとえ個人への注意でも すべてのことがみんなの上達につながるから
きちんと聞いていること。 手とり足とり教えないから頭で考えること。
シンプルだけど 大切なことです。

慣れもあるんでしょうけど 息子にとっては いろんな意味でよい時間です。
一緒に参加しているメンバーも大人のような体格の子から 息子がいちばん小さいくらいで様々。
もちろんサッカーのレベルも様々。
上手な子が 初心者相手に手を抜くと 容赦なく 初心者の子の練習にならない!!と 指導が入りました。

後半はゲーム形式。
息子はビギナーズ・・というのでしょうか。
2得点。
まだ周りを見るという点では 全然ですけど とびっきりの笑顔がみれました。
少しずつ 成長していくかな。。

もう相思相愛のこうちゃんとは お互いの空き時間を見つけては どちらかの自宅で遊ぶ日々(笑)
現在16時過ぎですが 先ほどから こうちゃんと妹ちゃんが 我が家で楽しい時間を過ごしています。

なんかもう家族みたいに思えてきました。
母同士も仲良くしましょ。ってことになり お互いに○○さんとか ○○ママをやめて
名前で呼び合うことにしました。

長く仲良くしていけますように・・

おー しずかー

水曜日は 祝日関係なく仕事の私はいつものように出勤。

夫がお休みだったので子供たちを任せて出かけると またまたこうたろうママからのメールで
急なお誘いですが バーベキューいきませんか? (ウチの)息子がいくなら こうたろうもいくといっています。とのこと。

もちろん!大喜びのはずです。と返信し そのあとは仕事で連絡できず。。
やっと連絡を夫と取れた時にはこうたろうパパがお迎えに来て バーベキューにしゅっぱつしたとのこと。
しかもちゃっかり娘も一緒にいったとのこと。

仕事を終えて家に帰ると まあ静かなもんでした。

子供がいると あっという間に時間はすぎ なかなか自分の時間が持てないなあなんて思いますが
逆に 何にもすることがなくても 時間を有効活用できるわけでもありませんでした。

16時過ぎ こうたろうくんと息子+2人の妹コンビは 今度は遊ぶ場所を我が家に移し 楽しくやっています。

今度は こうたろうパパ&ママが 静かすぎる時間を過ごしていることでしょう。。
共働きで お休みの日は 子供がいる生活が続いているのでしょうから お互いに子供を預けあって
のんびりするのもたまにはいいかもです(笑)

夕ご飯は GWなんだから いっしょに食べようよーー と 男の子チームが叫んでいますが
さて、どうなりますやら。。

今年のGWは我が家にとってはこうたろう一家さまさまで 楽しい日々になっています。