眺める教入信(笑)


child_reading_newspaper.jpg

職場の大好きな保健師さんとの雑談の中で。
(彼女のお子さんは大学生と高1の男の子)


最初の子って 写真もビデオもいっぱい残ってるのに
あの時どんなんだっただろう。。
自分はどんなふうに感じていたんだろう。。

って 全然覚えていないと思わない??

私、今 子育てを始めるお母さんに会うと すすめているの。

「もっと眺めよう!」って。



本当に そう思いました。

私は上の子も下の子も 眺めてないと思います。

放って置くのではなく でも ずっと小言を言って ピッタリくっついてガミガミやるのではなく

”眺める”

とても 的確で よい表現(^-^)

この度 私 ”眺める教”に入信しました(笑)

今のところ、教祖と信者 各1名ずつですけど。

でもきっと共感する人多いはず。

この”眺める教”とてもいいです。

まず 自分が 精神的にですけれど 少し離れた所から 子供に声かけができるので
子供を傷つける表現が減ります。

あと 否定的な表現も減ります。

母がイライラしなくなるので 家庭がもっと明るくなります。

でも 宿題は終わるし 結局 いつも通り子供は寝ていく。。

前より お母さんお母さんって 言ってこなくなって 自分でいろいろやってる気がする・・

ということで・・ もう一度言っとこうかな 信者募集中(笑)



※続けていきたいので ちっちゃなことですが かきとめてみました・・

スポンサーサイト

新たな世界へ


change ahead

サッカーの話の続き

息子は 小学生なりに いろいろ考えました。

練習場所がコロコロ変わるようなスクールはNG
独自のコートを持っているところOK
自分が住んでいる市にあること 他市は近くてもNG

条件を満たすスクールに見学に複数行ってきました。

1つは世界30カ国で活動しているオランダから始まったあのスクール
もう1つは静岡ならではのオレンジカラーのあのスクール

オレンジのところは レベルをチェックしていただいたうえで
先日 セレクション なるものを受けてきました。
(本来は年に一度3月に試験が終っており ’満員’の表示があったのですが 
お声掛けをいただいて有難かったです)

そして、今日

”合格”をいただきました。

息子よ 頑張った!

息子のサッカーの頑張り そしてあれだけサッカーが大好きになれたのは
息子の努力あってことですが 
前スクールで 愛情を持って
息子を育ててくれたコーチの影響が本当に大きかった思います。
改めて感謝です。


5月から オレンジのところと もうひとつのところと両方掛け持ちで通うことになりました。
小学生最後の一年です。 思いっきり 大好きなサッカーを楽しんでほしいと思います。






突然の出来事


2014-04-07-19-03-24_photo.jpg

息子が小2から通っていた サッカースクールのコーチが突然 別のスクールへ移動することになりました。

コーチから届いた手紙は2通。

1通は 詳細を綴った親宛のもの。

もう1通は息子あてに手書きのものでした。

オーナーからの給与の遅延 未払いが続いていたそうで 限界を超えている中かなり長い間 続けていたそうです。

今年度も新しくみんなとどんなサッカーをやっていくか楽しみにしていたと書いてありました。
自分勝手で申し訳ありません。と 本当に誠実に事実を述べてくれてありました。

息子宛のものも 愛情いっぱいの 心に響く内容でした。

息子は黙って 私は号泣して 2人で読みました。

あまりに突然で とてもショックでした。

ただ、コーチの幸せを考えたら 今の状況を続けることは 酷なことです。

8日がコーチが教えてくれる最終日でした。

大勢の生徒が集まりました。

コーチはいつも通りでした。

的確で 一人一人に適した 愛情こもった声が響いていました。

コーチは今日で終わりになるけれど みんなはコーチが上手くしたのではなく みんな自身が上手くなったと
話をして 短い挨拶になりました。

息子は 8日の夜 私の膝で コーチに教わりたかったー と 号泣しました。

ボールと逆に走っていくような息子を 愛情いっぱいに包んで 叱って 成長させてくれたコーチに
感謝しかありません。

ゲームの途中でコーチが使う言葉 「切り替えろーー!!」

今の私たち親子が直面している課題です。

今週来週と新しいスクールに見学に行ってきます。

息子がコーチにいただいた宝物をもっと磨いていけるように いい所がどうかどうかみつかりますように。