華道展




いけばな教室に参加しました。

とてもわかりやすくて優しい先生。

素敵な文化に触れました。

作品はこちら。



スポンサーサイト

長電話


make a phone call

娘 小4。

小さなころは 特定の仲良しさんを作らず クラスまんべんなく 

ニコニコみつめて観察していたけれど

今は 週末はお約束して 特定の子が お互いのお家を行き来しております。

女の子は もうオンナでして、

「○○ちゃんは 話をしても自慢ばかりで あまり好きじゃない」 とか 下手したら 「キライ」 とか。

先生のことも 
「先生が授業終わるのが遅くて 休み時間が短くなったりしているのに
給食が早く終わらないのは 配ぜんが遅い みなさんが悪いと思います」と 言われて
プンプンモードのガールズトークしたり

タイトルにもあるように 学校でも同じクラスで 散々話をして
週末も必ず遊んで 交換日記もして それでも 長電話しています。
20分とか 普通にあります。

お互いに 一つ一つのトピックに あーでもない こーでもないって 話をするのは
小学生のころから あるんですね、これは女性特有です。

「まだ 話してるの?!?」って 息子が マジ顔で 驚いてます。
わからないだろうな~ ファミレスで何時間も話が出来る女子のキモチ(笑)

ピッカピカ




息子、18時半から19時50分までの サッカースクールに友達と自転車で通っています。

元々 友達が一人で行っていて 息子が合流させてもらうようになりました。

ビビリなので 一人のときは 送り迎えしていますが とにかく 一番心配なのは事故。

私もビビリなとこあるので 自転車が一番安全なルートを 探しました。

明るいところが やっぱり安全 国道は歩道もしっかりしているので 国道ルートを選択。

車通りが少ないから 安全じゃなくて 自転車のわが子をどれだけよい確率で認識してもらえるかですね。

友達は黄色のユニフォームに着替えてから 自転車に乗って帰っていました。

色々調べると 白と黄色は 夜間 同じような効果があるということだったので

白いユニフォーム持参で 行っています。

それから これ

pikkapika1.jpg

とても目立つので 有難いのが このライト。

LEDで 光センサー 振動センサーが付いているので 夜走れば 自動点灯。

最初に買ったものは ONOFFスイッチありのもので 面倒でしたが

これなら安心! 前後タイヤに装着して いってらっしゃい!!

無事に帰ってくるまで やっぱり心配だけど 信じて待つしかないっ!

走るとこんな感じ↓↓

pikkapika.jpg


お勉強





子供部屋は勉強には一切使われず
毎日毎日リビング学習。

小競り合い防止のため、
机の真ん中には陣地を示す境界線のビニールテープ(笑)

途中で、遊びだしたり まだまだ集中力に欠けますが、

一緒に、やってくれると
まず、早く終わりやすい。
大体同じペースですすむので母が楽。
教えてあげることで復習になる。

なんてよいところもあります。

朝学習していたこともありましたが
やっぱり17時からやって21時には寝よう!
が 我が家には最適スタイル!

歯医者に行ってきた


半年に一度の
子供たちの歯科検診に行ってきました。

息子はXP写真撮影、
一番奥にもう少しで
新しい歯が生えてきます。
痛みの原因がわかって良かった。

娘は 先生も虫歯とは言えないけど
まだまだ使う乳歯のためにと
変色し始めた箇所をプチ治療。

二人ともフッ素を塗布して終了。

歯を大切に!

そりこし


sorikoshi.jpg

腰がおかしいなと思っていたら 

時々痛いな になってきて

痛いな になってきたので

なんだなんだ?? と 原因を探ってみました。

運動不足は間違いない

ただ、今までも同じ生活だったのに 痛くなってきたのはなんだろう??

これだっ!って 行き着いたのが 反り腰

横向きのシルエットは わたしそのもの。

壁にかかとと腰と肩をつけて 正しい姿勢のおさらいです。

今まで 本当におかしな姿勢だったのです・・

真っ直ぐ立って 腰痛とさようなら 出来ますように。

部屋の中は やたら よい姿勢で歩いております(笑)

家出します!!



20140920220034551.jpg

夕食後、家族4人でドンジャラをやっていました。
なかなか勝てない娘を夫と息子が軽く冷やかしました。
娘がふざけて夫の頬をパン!とたたきました。
お友達にやってしまったら痛いくらいの ちょっと強めのパン!です。
同じくらいのパンを 夫が娘にしました。
もちろん 全く本気のパンではありません、 が 娘は大泣きし
ものすごい勢いで リュックを取り出し 水筒をだし 麦茶を氷いっぱいに入れ
眼鏡を入れ 玄関を出て行きました。

大泣きして。

最初の角を曲がり おばあちゃんちへ入っていったら 見守ることに。

夫は 「おばあちゃんちへは行かないよ」と ぽつり。

娘を追いかけようとすると 娘は 「お財布忘れた」 といって 戻ってきました。

私  「どこか 行く場所が決まっているなら いいけれど そうでないなら お母さんがそばにいるね」
「夜に子供が外に一人でいるのはとてもあぶないから」

娘  「行くところなんかない! 
けど 全部嫌になった!
お父さんも お母さんも お兄ちゃんもきらい!
どうせ みんなわたしのことなんか 大切に思ってない!
絶対に 大切に思ってない!
だから 会いたくない!
絶対に会いたくない!
みんな怒ってばっかり!
わたしのことなんか嫌いなんだ!」

まあ とにかく 何もこちらが 言えないように 封じ込めてきます(笑)
どうだ! このくらいのきもちなんだ! と 私の気持ちを 試してきます。

ここで 職場で学んだ 傾聴を実践。

”とにかく 聞いて 本人に 自分自身の心と向き合ってもらう。”

私にとっても親として 1つの経験です。

2,3分 まあ 言葉を吐くだけ吐いて 気がついたら 手をつないでいました。

また吐くだけ吐いて 家に入りました。
入る時も忘れません
「だって 玄関の外にいたら 私が追い出されたみたいにみえるから 嫌だ!」ってね。

男性陣は ドンジャラを片づけて テレビを見ていました。

その様子をみながら 二階に上がり 
「お父さんも お兄ちゃんも 心配じゃなかったんだ! 心配ならテレビなんかみれないはずだもん!」

ここでも ひたすら 傾聴 傾聴。

ここから長かったです。 学校のこと おけいこごとのこと 今まで 私にも言えず 我慢してきたことを
吐きます、吐きだします。 そのたびに その時の気持ちを思い出して 泣きます 泣きます。

それでも ひたすら 傾聴 傾聴。

また少し時間が空いて・・

私 「今 どんな気持ち??」 ( ようやく ここまで きて やっと 聞けます、 ホッ )

娘 「また 叩かれたら 怖いって 思う。 ふざけた気持ちだったから 」

私 「お父さんと ○○←娘 の心のもやもやはきっと一緒だよ どうしようか?」
「怖いって気持ちは わかったよ。 手をつないでいてあげるから 下に一緒に行こうか?」

一階に下りて・・


娘 「 ごめんなさい。。 」

夫 「 いいよ。 仲直りの あくしゅ。 」

夫は無駄なことは言わない人なので こういうときの子供の気持ちの回復にはとても適しています。
娘はすぐにいつもの娘になり
お父さんと2人で 片づけたドンジャラを取りに行き 支度をし
娘が一番 みんなのことが大好きオーラを全開に 時間を過ごしました。

みんなが 娘のことを大好きで大切に思っていることを伝えたら
他のことは言う必要がないんですね。

あとは 自分で答えが出せる。

学びました。 学ばせてもらいました。
息子も今どういう状況なのか よく理解していたようでした。 いろんなこと わかっているんですね。

寄り添って聞いてほしい 小さな体で 子供たちは 毎日 たくさんのことに向き合っているんですね。

以上、 長い長い 家出未遂騒動でありました。

~ちなみに 娘のリュックには 低反発のクッションが無理に折りたたんで入っていました。
家出中に枕として使う予定だったそうです。
布団では畳んでも大きくて入らないと思ったそう、
でも 実際は布団を持って行った方がよかったと 申しておりました。~




コーヒー




数年前から
ドリップでコーヒーを飲むのが日課に。

助かったのが、夫と豆の好みが似ていること。

値段を
産地を
店を


試して 現在は

西友のお墨付き(プライベートブランド)
オリジナルブレンド

私たちの舌の問題がないとすれば
コスパ高く 大変満足な商品。

そして何より癒される。

家事をやらない夫も
コーヒーはいれてくれますから。

体に良いかは別として

ストレスフリーにしてくれるという意味で
欠かせない 一杯。

今日も明日も美味しくいただきます。




教えられた



送り迎えの途中、車内にて。

私 「今まで死ぬほど何かに打ち込んだことなかったなあ。」
「これからまだまだ頑張らなくちゃ駄目だなあ。(しみじみ)」

娘 「でもね、毎日 当たり前にやっていることが 本当は当たり前じゃなかったりするんだよ」
「おうちのご用をしたり、ご飯を作ったり やらなかったら困るでしょ」
「知らないうちに 頑張ってるから いいんじゃない?」

9才の娘に教えられた。

最近結構救われている。

(笑)

秋です




さつまいもをたくさん頂いたので
大学いもを作りました。

秋です。

おやすみなので おやつもたまには手作りで。




手術 初めての入院




夫が生まれて初めて入院を経験しました。

詰め物が取れて行った歯医者で
もう治療は難しいと判断され大きな病院へ。
元気な親知らずを虫歯で抜いてしまう歯の場所へ移植。

そんなことが出来るんですね。

歯牙移植って言うんだそうで。

手術は無事成功。

顔も全然腫れていなくてこちらが拍子抜けするほど。

食事は雑炊、お粥、うどんなど柔らかいものにしていましたが
今日からは白米を普通に食べられています。

傷口もとてもきれいです。

医療は常に進化していますね。

歯は大切にしなければいけませんね。

敬老会




招待状を頂き 娘と二人敬老会へ。

町内会長さんが代わり、子供たちと地域の繋がりを強く意識されているご様子。
今までは75才の以上のかたのみで
お祝いしていたそうですが
今年は子供たちのテーブルが用意されました。

ビンゴ大会があったり コーラスがあったり

子供たちの
家のおじいちゃん、おばあちゃん に関する作文発表があったりと

楽しい時間でした。



それと共に 高齢化が進んでいることを
強く実感しました。

よい仕事


手動鉛筆削り 6年目。
仕事ぶりが思わしくなく
思いきって買い換えました。

信頼のmadeinJAPANです。
良いものを長く使っていきたいです。

大変よいお仕事をしてくれています。

娘との会話




夕方 車の中から娘が空を見上げて、
「わあ、太陽が…すごく…」
ってテンションが上がってるので

私「こういうの何て言うんだろうね?」

って 返し
本ばかり読んでる娘がどんな表現してくるか
珍しく余裕を持って私が返事を待っていると、

娘、即答!

「くもり!」

がくっ!!

まだまだ娘のことが、理解できてないわ~(笑)

90才のお誕生日


わたしの祖母 90才のお誕生日。

みんなでお祝いをしました。



持病もなく 薬も飲まず
美味しく何でも食べ
8020運動で歯が立派だと賞され
眼鏡なしで新聞を読んでいます…

健康ですね。

すばらしいです。

大好き! おばあちゃん!

長生きしてね

追伸
おばあちゃんに手のひらを見せてもらったら
手相がわたしとよく似ていた…
あんまりいないタイプだからびっくり。

わたしの歯の遺伝も 母からではなく
隔世遺伝でおばあちゃんから。

なんか不思議。

素敵な人生の先輩です。



カードがなくなったら


息子や息子の友達が多く
楽しんでいるあるカードゲーム。

先日、近所の三人が集まって
バトルを楽しんでおりました。

その時私は初めて知りました。
(子供たちの中では前々からのことらしい)

エックスレア というカードが
数枚ずつなくなっている人が多発。

共通して遊んだことのある子がいて
怪しいと。。

盗る子がいるのを知っていたのか、
息子の話では大事なカードは
見せたあとにすぐに
しまう子もいるそう。
盗られた子たちは遊んでいるときには
しまわずにいた様子。

分析もなかなか冷静で
名探偵コナンみたい。。
親にSOS出してくるわけではないので
見守っていると結論が出ました。

本人に盗ったのかと聞いたが
否定された。
実に怪しいが一つ年上で中学生のため
もう遊んで確かめる機会もない。
「なくなっちゃったものは
もう言ったってしょうがないじゃん!」

でした。

本人たちがこう思っているわけですから 親は動く必要はないと思います。

経験して覚えること 学ぶこと
これもその一つでしょうか。。

レンタルしてる高いバッグ




フェアトレードのお店で娘の言葉で購入できた一目惚れバッグ。

大切に使わなくちゃといったら

一回何円で借りてると思って、
何十回もキレイに使ったら 全然高くないじゃん

って、娘が言いました。

なかなかよい考え方です

そういえば 昔 住宅ローンを抱えて
マイナス思考になりながら
夫に話したら

毎月 一軒家を借りてると思ったら
安いもんじゃん!

と 即答されました。

思考まで似るのかしら?(笑)

常にそう思えれば より物を大事に使えそうです。

家族旅行2


jyoubatakien1.png


2日目

ホテルのセットプランで 魅力的だった乗馬へ。

夫がせっかく乗るなら 引き馬ではつまらないだろうと言ってくれたので
思い切って 馬場でのレッスン + 高原散策という プランを選びました。

馬場で乗り方 走らせ方 方向転換 馬たちとの接し方についてお勉強したあと
公道に出たり 山の中を歩いたり 完全なる非日常ですね。。

写真は高原散策での一枚。
4頭を横1列に並ばせるのも 基本自力なので 馬たちに助けられながらの写真撮影になりました。
いつもなら来ない(らしい) 細い道での 佐川急便のトラックとお馬さんとのすれ違いも経験。
ここでもお利口なお馬さんに助けられました。


IMG_5782.jpg

ちいさなカウボーイたち

優しすぎてなかなか馬のお腹を強く蹴れませんでしたね。。
楽しんでくれたかな??

お昼は清泉寮本館レストランにて。
雰囲気も良く 何より お料理がおいしかった。

本館

オリジナルビーフカレー・・・ 今まで食べたカレーの中で一番おいしかった。
辛口ですが 野菜の甘みを感じるので 娘も私のお皿から 自分のお皿へ取っていってしまったほど。

オリジナルビールカレー

有名なソフトクリームは4人で1つ。

まきば公園 萌木の村と 観光地をまわって 無事に帰宅。

1年に一度の我が家の旅行。

今回は体をいっぱい動かしました。 

息子の一番はMTB!!
娘の一番はショッピング!! だって。

確かに 楽しそうだった!

次はどこいこうかな??