難しいなあ





夫のおばあちゃん95歳が
入退院を繰り返しています。

全く物忘れがなく
頭は超人級のおばあちゃんです。

二足歩行が困難で年齢と持病もあり
内臓疾患もあります。

1か月ほど自宅で過ごし
前回の入院で長々歩けなかった体力が
徐々に戻り 自力でトイレにいくのも完全復活した矢先

トイレ脇にある二階へ続く階段を
ひ孫が気になり数段登り、
いないとわかり 後ろ向きにおりていて
足を滑らせずるずる落ち
右の足の付け根を打ち
仰向けで床に落下
音で気づいた家族が
慌ててかけつけ 我が家に助けの電話が入りました。

「何で登ったのか!」

そう言われたようです。
お年寄りがよく 怒られた!と訴える
家族からの 少し感情的なアレです。

おばあちゃんが我慢しているのが伝わります。
また おこられる それが一番嫌なのです。

落ちて2日目

やっとおばあちゃんが病院に行けました。

大腿骨骨折でした。

私は三男の嫁
幸せなことに夫の家族には優しくしてもらっています。

95のおばあちゃん
72の義母
家から出ている二人の義母の妹


みんなと個別にお話することがあります。

みんな思いがあります。

子供の時からの積み重ね

年齢も重ねているので思いは重く
簡単には変わりません。

40になったばかりの私に
涙を流しながら訴えるのは

そんな自分の気持ちをわかってほしい!
という 満たされない思いです。

義母三姉妹がそれぞれに
溢れそうな思いを抱えています。

そして
95のおばあちゃんが
体調を悪くしてから
ずっとずっと言い続けているのは

みんな仲よくしていってくれ。
みんなで助け合ってやってくれ。

わしが言いたいのはそれだけ。

というのです。

思いやりです。
難しい でも 実は簡単なことかもしれません。




スポンサーサイト

1000!







いつも見ないけど ブログ画面下にスクロールしていったら
記事総数1000だそうで。

よく続いてきたなあ。

気まぐれだけど まだ続けていきます(笑)

こころやさん



02FF0975278.jpg


youtubeの ”あなたへのおすすめ” で 心屋さんの動画を再生

心屋さんの言葉を借りると
「現実が変わります」


臭いものにどんな消臭剤をかけるかを今まで一生懸命本で学んできた私が
臭いものに向き合って 臭いものを処理して なくしていく仕方を 教えてもらいました。
そりゃー 長く 臭いもの 置いておいたのだから すぐには全部はなくならないけれどね(笑)

たった一時間ほどの 動画で 多くのことを気づかせてもらったので 本当によかったなって思います。
結局は自分自身なのよね。

でね、「現実が変わります」 って 最初は意味がわからなかったけれど

思っただけとか 呟いただけとかなのに 自分の目の前に起こることが変わってくるの。
どうして? まだよくわからない・・
でも 変わってる。 不思議。

見えないいろんな思い 自分が思い込んでいること 決めつけていること いっぱいあるんだなって
変わっていく現実に教えられることが多いです。

以上 ただのつぶやきでした。

ついに





足がだるく重く痛い

息子がお世話になったことのある外科へ。

やっぱり下肢静脈瘤。

重くない症状なので まずは
弾性ストッキングで要観察となりました。

分かりやすい説明で
質問にも、的確に答えてもらったので
あとは実行あるのみ。

医療用の弾性ストッキングで
だるさがすぐに改善されました。

先生も自分の血管が
だんだん目立つようになってるよ
って 自分のふくらはぎをみせて
愛用のサポーターも触らせてくれ
どこで売ってるかまで教えてくれました。

先生曰く 血管の個性なんだって。

だから生活も変える必要ないよ、って。

症状が改善されなくて困ったら
またおいで。紹介状書くからね。って。

楽になりました。

パン教室






今日はリピーターのおやつ教室の先生に
誘っていただき
初めてのパン教室!

3種類のパンを焼いちゃう
かなりリッチな内容。

おはなのあんパン
動物パン 二種

楽しかった!
充実した午前の使い方に満足な母でした。

ファン




『○○(息子)のサッカーがとても好きなの。
私だけじゃないよ、□□ちゃんも言ってるよ。』
応援にいった先で 思いがけず話しかけられた。

その日の夜
サッカー部のお母さんたちで
1年お疲れさまの会があり
そこで改めて
『わたしファンだって
○○に言ってくれた?
あっ私もだから言っておいてね』

軽~い会話だけど
上手い 下手 じゃなくて
好き っていってもらえたのって
なんかすっごく嬉しくなりました。

好きなスポーツで
中学時代を過ごす息子は
なんだかちょっとうらやましい母でした。

あたったのか?

テレビに影響され
結婚して初めて生食用牡蠣を購入

1人で夜こっそりご褒美で食べるつもりだったけれど
晩ごはんにだしてみた。

夫は牡蠣はあまり好きではなく拒否
息子と娘は興味が少しあったようで
ほんのすこしかじったあと
1つペロリ!

私は残りを全てペロリ!

感想は。。
こんな味だったかな?
牡蠣フライの味に慣れすぎたかな?
あんなに食べたかったにしては。。って感じでした。

子供も複雑なあの味に美味しいとはいわず。

それが、
木曜日の7時
金曜日の夜中

息子が嘔吐
私は胃がムカムカ

朝 二人で嘔吐(涙)

私はお腹も×

胃が空っぽになったところで
症状はかなり和らぎ
二人ともトイレからは離れたところで
1日寝てました。

私は悪寒 発熱 39度近くまで上がりました。

朝方からだるいといっていた娘もゴロゴロしていて 同じ時間に発熱
夜中にはかなり熱が上がって うわ言を言い出しました。

今日は月曜日
胃のムカムカと食事の制限中の息子は
万一吐いてしまったらの
危険を避けるため学校をお休み。

私はよくわからないまま復活しました。

やっぱり牡蠣かなあ?

娘は発症しないで熱で押さえ込んだのか?

息子のお腹は強かったのか?

よくわからないけど やっぱり食あたりなんだろうなあ?

夫は他に何か美味しいもの食べたんじゃないの~ 3人で
って笑ってましたが。

早くみんなすっきりしたいなあ。

冬はどのお家もそうですが
見えないウイルスと戦う日々です。




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。