県大会


2週続けて 週末は息子のサッカー部が出場した
県大会の応援に行ってきました。

初戦は前半に1点入れられて 1-0
後半 ロスタイム残り1.2分を残して 劇的同点ゴール!!

直後に後半終了のホイッスル! 

の後の この円陣です!
ドラマティックな展開でした。



PK戦は われらがゴールキーパーが 神セーブを連発。
PKって 止めるのが普通だったかな?と 思わせるほどの 集中力と気迫で
1回戦を突破!

2回戦は強豪チームで点数としては完敗ですが とてもよくみんな頑張っていました。

息子よ お疲れさま。


そ・・ し・・ て・・

応援に出かけた 母たちは 県の西部 県の東部と 朝早くから 遠出をしましたので

とても気が合いましたので 感覚がかなり似ておりましたので

自宅までの道のり うーんと楽しんで帰ってきました。

夫や息子は のんびりショッピングとか 休憩が苦手な家が多いので
ゆっくりお茶したり ブラブラショッピングしたり 
プリンの為に 車をがっつり走らせたり 
息子の洋服選びに何十分もかけたり

できないじゃないですか~

なので ここぞとばかりに全部やってきました。

2週連続(笑)

本当に本当に楽しかった(^^♪

車の足元が買った袋だらけでみんなで大笑いしたけど
買ったものは 子供の好きな食べ物だったり 洋服だったり
自分のものなんて みんなほぼほぼ買ってなかった。
やっぱりみんな まじめなよい母です(^◇^)

こうやって増々仲良くなれて 素敵な時間が過ごせたのは
まぎれもなく 県大会出場してくれた子供たちのおかげ。

ありがとう!!




スポンサーサイト

思春期です!


先月の参観日は小学6年生対象に 親子で聞く思春期講座があり
興味深い話をたくさん聞いてきました。

子供と一緒に 
体の成長 心の成長は 人それぞれ 平均もないし 目安もない
それが 個人差 
だから 冷やかしたりしてはいけないし 
反対に 冷やかされても 個人差なのだから 深く傷つく必要はない

なんだかわからないけどイライラするのも 思春期ならでは。
自分がそんなとき どうするとイライラを解消できるか 考えておくとよい
(子供たちからは 音楽をきく 一人で部屋に入る 寝る お風呂に入る)など 具体的に解決策が聞けました。

子供たちが下校してから 親向けにも思春期を迎える子供たちの対応について
わかりやすくお話がありました。
まずは 話を否定せず 最後まで聞いてあげること その後に フォローをいれること
誕生日など あなたが生まれてくれてうれしいという思いを伝えやすいので お祝いするとよいこと
その時は主役だけ プラスα おかずを増やすとか 量を増やすとかしてあげると 喜ぶのでは?とのこと

他にもいろいろ話が聞けましたが 思春期講座 よかったです。
我が家にはお二人 思春期真っ只中の子供がいますので 参考になることばかりでした。

息子はテレビと食事以外は 部屋で過ごすようになりました、がっつりです。
何をしているか わかったものではありませんが
一人の時間を過ごせていることが リフレッシュになっているのか
以前よりもぐっと 私に対して優しいです。

がっ!

小言を一通り言ったあと、落ち着きはらった低い声で
「もう 終わりですか?」 とか
「前と言ったことと 違うから どういうことなのかと思って・・」とか

もう 「でも~ だって~」のような かわいい口答えも減ってきてしまいました。
ちょっとイラっとするときもあるけど ああ、大人になっていくんだなと しみじみ。


娘は 感情の起伏がまあ激しいこと。
自分のやりたいことは絶対やりたいけど 自分のペースは崩されたくない!
このわがままがここへきてさらにパワーアップ!

1週間に何度も手作りおやつを作り それが大体2時間から3時間
オーブンも問題なく使えるように。
好きなことだし 悪いことではないので応援したいけれど 

もう 女 なので 合わないときは 母の忍耐が試されます。

数えてみたら もし息子が高校を卒業して一人暮らしをすると
あと息子と一緒に住んでいられるのは たったの4年です!!!

すでに部屋でのんびり過ごしている生活を送っているので
時間にすると ほんのわずかです。
大切にしなくてはと 思います。