かみしめる




息子の部活動
いよいよ最後の大会に突入しています。

昨日は公式戦
2色ある内の 白いユニフォームで土のグランドを
走り走り 走り抜きました。

試合終了後
待機場所に戻る子供たちの姿は
汗を拭った首元
相手と何度も接触した肩周り
転んだ時についたズボン
完全に茶色になっている足元

戦いの勲章で大変な汚れです。

流水でできる限り汚れを落としたあとは
何回か固形石けんであわをたっぷり作りながら ユニフォームを揉み洗い。

そしてただいま最後の泡湿布!?中

白くみえても茶色の泡が中々
終わらないのと格闘しながら

中学サッカー部はずっとは続かないんだな
と しみじみ。。

少しでも長く
この仲間とボールを追いかけて
いられますように。
スポンサーサイト

なかなかよいね



娘の担任は50代ベテランの数学教師。

やわらかな雰囲気と絶妙の間をお持ちで
とても癒されます。

一章が終わると行われる!?
単元テスト 

ただ既製品をコピーするだけの教科もありますが






こんなテスト
可愛すぎる!

ちなみに先生オリジナルハンコは
ゴム印のようなタッチで似顔絵になってました。

得意の絵で子供たちを引きつけて
すごろくで数を教える授業も楽しそうでしたし
なんかほっこりです。

これ以上はっ





息子が部活最後の大会に向けて
合宿に参加することになりました。

小さくなってしまい
新しいアップシューズが必要になったため
スポーツ用品店へ。

店員さんと話をしながら
試着を進めていくと

足が思った以上に成長しており

28センチに!

これ以上は大きくならないといいかな。
と店員さん。

靴を選ぶのが難しくなってくるみたいです。

まあ、一応。。
成長を感謝致します(笑)