一人旅へ



20180325055339175.jpg

3月23日

息子を一人旅に送り出しました。

行先は弟の住むアメリカ。

卒業式を終え 塾の卒業式も終え
高校入学までの 短い期間ですが
チャンスは今しかない! 

息子は3月終わりの生まれのため 
現在14歳
行先 アトランタまでの
直行便があるのは デルタ航空のみ。
ということで 航空会社のルールに乗っ取り
未成年者旅行プログラム 通称 アナカン
《unaccompanied childから》大人が同伴しない、小児旅客。
通常、空港や機内で特別に配慮された
サービスを受け、
空港での見送り人と出迎え人を
必要とする。


を利用しました。

登録された大人とチェックインし
(この時 ICタグを手首につけてくれます 
たぶん、息子の服装や特徴も
細かく入力していたように見えました。
パスポートや搭乗券は係の方が
搭乗口まで持ってくれています)

指定された時間、今回は離陸1時間半前に もう一度別カウンターで係員さんと待ち合わせをし 
出国ゲートまでは私と娘も一緒に向かいます。

20180325055406445.jpg


一般の方とは違う 係員優先ゲートを通っていきました。

さすが思春期 写真は撮らせてくれません。
係員の方が促してくれたのでしょう。
ようやく手を振ってくれました。

20180325055427642.jpg


この後 出国し 飛行機搭乗も最初にさせていただけるそうで
まだ、息子には聞いていませんが 
機内の紹介をきっとしていただいて
安心して過ごせるように
配慮していただいたのだと思います。

20180325060510901.jpg

私と娘は
飛行機が離陸したことがボードで
確認されるまで 
空港内から出ることができないので
息子と離れてからは 
お茶したり ショッピングしたりして
すごしました。
そうこうしていると 離陸時間になり 
展望デッキで 離陸を見届け
ボードで deperted を確認し
すっかり暗くなった 
空港の外を眺めながら夕食をとりました。
利用したのは N’s court というお店 離陸する飛行機が見えてとてもきれいでした。



翌日 24日朝

弟が無事に息子と合流できたと 
連絡をくれました。

アトランタは 世界最大級の空港なので 今回 アナカンサービスを利用して
安心して送り出せたのは
本当に良かったと思います。

すぐに小学生になったばかりのいとことの写真が送られてきました。
電話の声も 何にも問題なかったよ 
じゃあ、みたいな素っ気ないもの(苦笑)

楽しんでおいでね~

~今回はいろいろ書き留めておきたいので 追記ありです~

20180325055346305.jpg

続きを読む

スポンサーサイト


20180324194626c8e.gif

~高校受験~

どこを受験するかの決断は 息子に委ねました。
実は願書提出日の朝まで迷っていました。

担任の先生にも 塾の先生にも(こちらは息子に内緒で)
アドバイスを息子に送ってもらうように お願いし
自分でとにかく決めさせてあげたかった。。
辛いことが高校生活で起こった時に ちゃんと向き合えるように。。



振り返ると 夏の段階で 息子が突然口にしたこの志望校は 
私から見て かなり大きく出た挑戦でした。

1学期の成績をみながら 担任の先生曰く 
最高の評価点をもらうような子が ゴロゴロ受けてくるから 
今の時点では 厳しいぞ と
息子は 一言
「じゃあ、評価を上げたら その時は 次の面談で」と



秋の面談
(高校に提出する書類に記載される大事な)2学期の成績が仮決定しており 
先生だけが見られる ファイルに記載され
それを確認しながら 口頭で 最終的な進路の相談をしていきます。

「お~ 上がったね~ いいんじゃない。」
「○○高校で うん、がんばってみて いいと思いますよ」

それを伝えられ 息子は
これだけやったのに 教科によって目標に届いていないことを
不満に思ったようで 全く納得はしていませんでした。
悔しさをにじませるほど 息子なりに努力したのだと感じました。

友達と切磋琢磨し 多くの人に助けられ
初めての大きな試練に立ち向かっていったように思います。


~結果~

合格 いただきました。

一緒に頑張ってきた塾のみんなも 志望校全員合格!

本当に良かった!


時間はあっという間に流れ 3月20日



~卒業式~

受付で手渡された
「御両親様」という 息子からの手紙。

僕の決断をいつも尊重してくれてありがとう。
もっと努力して あなたたちを幸せにします。

というような文面。 便せん一枚に書かれていました。

やはり私たち親にできることは支えて 見守ることなのだと再認識。
子供から多くのことを教えられ学ぶ日々はまだまだ続きそうです。

息子を応援してくれていたみなさん
この場を借りて 本当にありがとうございました。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。