思春期です!


先月の参観日は小学6年生対象に 親子で聞く思春期講座があり
興味深い話をたくさん聞いてきました。

子供と一緒に 
体の成長 心の成長は 人それぞれ 平均もないし 目安もない
それが 個人差 
だから 冷やかしたりしてはいけないし 
反対に 冷やかされても 個人差なのだから 深く傷つく必要はない

なんだかわからないけどイライラするのも 思春期ならでは。
自分がそんなとき どうするとイライラを解消できるか 考えておくとよい
(子供たちからは 音楽をきく 一人で部屋に入る 寝る お風呂に入る)など 具体的に解決策が聞けました。

子供たちが下校してから 親向けにも思春期を迎える子供たちの対応について
わかりやすくお話がありました。
まずは 話を否定せず 最後まで聞いてあげること その後に フォローをいれること
誕生日など あなたが生まれてくれてうれしいという思いを伝えやすいので お祝いするとよいこと
その時は主役だけ プラスα おかずを増やすとか 量を増やすとかしてあげると 喜ぶのでは?とのこと

他にもいろいろ話が聞けましたが 思春期講座 よかったです。
我が家にはお二人 思春期真っ只中の子供がいますので 参考になることばかりでした。

息子はテレビと食事以外は 部屋で過ごすようになりました、がっつりです。
何をしているか わかったものではありませんが
一人の時間を過ごせていることが リフレッシュになっているのか
以前よりもぐっと 私に対して優しいです。

がっ!

小言を一通り言ったあと、落ち着きはらった低い声で
「もう 終わりですか?」 とか
「前と言ったことと 違うから どういうことなのかと思って・・」とか

もう 「でも~ だって~」のような かわいい口答えも減ってきてしまいました。
ちょっとイラっとするときもあるけど ああ、大人になっていくんだなと しみじみ。


娘は 感情の起伏がまあ激しいこと。
自分のやりたいことは絶対やりたいけど 自分のペースは崩されたくない!
このわがままがここへきてさらにパワーアップ!

1週間に何度も手作りおやつを作り それが大体2時間から3時間
オーブンも問題なく使えるように。
好きなことだし 悪いことではないので応援したいけれど 

もう 女 なので 合わないときは 母の忍耐が試されます。

数えてみたら もし息子が高校を卒業して一人暮らしをすると
あと息子と一緒に住んでいられるのは たったの4年です!!!

すでに部屋でのんびり過ごしている生活を送っているので
時間にすると ほんのわずかです。
大切にしなくてはと 思います。
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント