講演会


adora.jpg

今 一番興味のあった分野の 一番興味のあった方の 講演会
近くで開催されることがわかり 大好きな友達二人と一緒に行ってきました。

お話は具体的で 実際に自分が体験されたことをお話ししてくださるのでわかりやすく
心にしみました。

子供 夫 両親 職場の同僚 自分の周りにいる 人 との付き合い方
基本的にはどれも同じであり  見方を変えれば感じ方は大きくかわる。

思わず笑ってしまう話もいくつも出てくる楽しいお話のなかで
特に共感できたのは 数日前に 自分自身が キーツとなった ’皿洗い’について

食事が済むと おかあさん以外の家族は 何も考えずリビングへ行き ソファーに座って楽しそうにテレビをみている
おかあさんは 当たり前のように皿洗いが待っている
なんで私がやらないといけないのかと 不機嫌に皿を洗うおかあさん 

皿を洗う→ 家族の役に立っている→ そんな私は幸せなのだ~

他者貢献 

自分の生きている意味 誰かと比べることではない 自分の人生を生きること
高い理想論にも思えますが 考えても考えても マイナス思考にならないというのも とてもよい心理学かなと思います。


余談ですが 講演会が終わり 携帯電話の電源を入れると
一年に一度あれば よい方
あったとしても 足がないので迎えに来てください的な メールしかしない夫から
メールが届いておりました。

自分の都合や目的を伝えるメールではない内容に かなり驚きました。

………
この記事の更新がなかなかできず下書きを繰り返している間に
講演から一週間経ちました。
皿洗いが不思議なほど苦にならなくなり(笑) 家事がこの家族のみんなのためになってるんだと
思うと 
講演を聞いた直後の効果も残り なんだかとても幸せな気分

今までは自分の思うように家族がしていなかったり あまりに周りが自分に頼ってダラダラしていると
本当にイライラしていたんです。

それがなくなってくると 周りの家族にも 何にもいっていないのに影響が少しずつ出ています
私が発する いつもよりちょっとだけ多い’ ありがとう’ の影響でしょうか。
手伝おうっか? なんていうセリフが聞こえてくると ニヤニヤしてしまいます。

わたし よほど 不機嫌に家事をしていたようでございます(苦笑)

子供を叱ってよくなるなら 何度もその直したいことを繰り返ししていないはず。
なので叱る必要はない どうしたらいいのか直接子供と相談してみよう。

みなさん 一緒に実践してみます?






スポンサーサイト

コメント

非公開コメント