スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Picton ピクトン 

旅のいきさつ(ずいぶん遅くなりましたが)

<<この旅は2002年1月から4月までの3ヶ月間を利用して
(同年6月の結婚式前 最後のわがままで)
一人旅をした時のことを綴っています。
3ヶ月でタイ・カンボジア そして そこから先は決めていなかったので
思い立ってニュージーランドへ向かいました。
数ヵ月後に控えた挙式のために ワーホリ旅とは違い日焼け厳禁。
↑なのにニュージーとアジアの旅行なんて無謀ですけど。。
そして太るのも厳禁でした(笑)>>


では 先を急ぎましょう!

北島から南島へはフェリーを利用。
2種類あるうちの 早い方 高速船 The Lynx リンクスで向かった。

lynx.jpg


2/28- Picton ピクトン
フェリーの発着する南島の玄関口 ピクトン。
ウェリントンとは対照的にとても小さな港町だ。
500メートル四方にすっぽり町がおさまってる感じ。
特にアクティビティーはせず 市街地周辺のウォーキングトラックを楽しんだ。
Tirohanga Walkway ティロハンガ・ウォークウェイを歩き
展望地から市街を一望・・ この日は濃霧でほとんど見えなかったけど。

ここでも 静かな海でのシーカヤックツアーやマールボロサウンズと呼ばれる
海洋公園を何日もかけてあるくトレッキングなどが楽しめるが
南島ではどちらも別のところで同じような経験が出来るので
ここではあえてのんびりと過ごした。

↓こちらがウォーターフロント のんびりくつろげそうでしょ。
waterfront.jpg


宿はThe Villa Backpackers
旅行者には嬉しいFree Breakfast(朝ごはん無料)
決まった時間にトーストやシリアルなどが並び好きなだけ食べていい。
ケーキを焼いて食べさせてくれる期間があるようで
聞いたら「冬だけなの」と教えてくれた。
なぜ図々しくも聞いたかというと ものすごく甘いいい匂いがしていたから。
どうやら自分達だけのためにオーナー家族が焼いていたみたい。
冬に行ったら 楽しんできてください。



スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

はじめまして

こんにちは。
今度ニュージーランドを旅します。ここのブログとても参考になります!!
自分のブログに旅先でチェックできるよういろんなサイトのリンクを貼ったのですが、トラックバックの仕方がよくわからなかったので、私のブログに勝手にリンク貼らせてもらいました。もし、NGでしたら削除いたしますので、お手数ですがコメントお願いします☆
失礼しました。

こんにちは。
コメントありがとうございます。
参考になるようで とても嬉しいです。

さて、ブログ少し見せていただきました。
私のブログへのリンクは大歓迎ですが、
その リンクがうまくいっていないようでしたよ。
ぜひ 確認してみてください。

ニュージーランド これからが いい時期なのではないでしょうか?
楽しんできてくださいね。
旅の様子をブログで拝見できたら嬉しいです。

またゆっくりみせていただきますね。

>あこさん

ご指摘ありがとうございました!直して置きました。出発前に教えていただけてよかったです。。。。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。