Poor Knights Island プアナイツでダイビング

オークランドの北 160キロに位置する ファンガレイ。
目的はただ一つ Poor Knights Islandでダイビングをするためだ。

旅行中、どこかでダイビングが出来たらと バックパックの中には
ログブックとライセンスカードを持ち歩いていた。
ずっとチャンスがなく そして 惹かれるポイントもなくここまで旅をしてきた。

NZに来るまで このポイントの名前は知らなかったのだが
旅する途中に教えてもらった。 
世界でトップクラスのダイブスポットがNZにはあって
それが ファンガレイからツアーが出ている プアナイツだと。

3/29
参加したのはPacific Hideaway(http://www.divenz.co.nz/index.html)でいくツアー。
日本人というかアジア人が私ひとり。
そして 一人で参加しているのも 私だけ。

かなり久しぶりのダイブとあって 機材のセッティングとかほとんど忘れてる。
私の命がかかってるのに 大丈夫か?

なんとか終了!

私のバディは 私が一人で参加だったので ダイブマスターのsarrah
そしてポーランド人のカップル steven & hilde
Vis(透明度)は20M 今までの私のダイブ記録を見てみても最高値。

labridchannel1.jpg

poorknights.jpg


さて、みたと記録されている お魚たちを 少し紹介。

long tailed stingray × 2
longtailed.jpg


sandager's wrasse
sandager.jpg



black angelfish
blackangel.jpg


ダイブの後に みんなで図鑑をみながら 
「アレがいたコレがいた」と
ワイワイ話しながらログブックを書くのが 楽しい。

オーストラリアの海は 見るからにきれい
そして 入っても 思ったまま って感じだったけど
ここプアナイツは 船の上からだと 今日は良くない日に当たっちゃったかなって感じなのに
潜った瞬間に ごちそうさまでした。と言う感じ。
魚や珊瑚そして 海水に日光が当たり 多くの色が輝いてる まるで宝石箱 
ボキャブラリーが足りなくて申し訳ないけど ココも 行く価値ありです。

さて、帰国まで数日と迫り ヒマな私は日本へのお土産を買いに
宿で自転車を借りてスーパーへ。
とにかくお土産を買うのはスーパーに限ります。
日本でもそうでしょ。観光客向けのお店は高いから。
現地の人が買うお店が安くて美味しいに決まってるの(~_~)

お菓子もファミリーパックみたいなのは まとめ買いの国だからいっぱい売ってるし 
特産のハチミツもそう高くない。
ガーっと買って その足で郵便局へ。
箱詰めして日本へ送りました!はー これで一安心。
荷物も軽くなりました。

翌日オークランドへ戻りオークランドでのんびり3日を過ごし
タイ経由で日本へ戻ります。

詳しくは次号で。
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント