スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

子供の個性 感動

今日は体操教室。いつもは娘を預けていくけれど 今日は3人で。
そんなときはお弁当を持っていって 教室が終わったあとに 食べることにしています。

息子が 教室にいくと いつも探す 大好きな女の子。
今日も 体育館に入った途端に ねえ、今日一緒にお弁当食べようよーー。

お弁当を持ってきていなかったその子のママが 
うちの子も一緒に食べたいって言ってるから 「ウチくる?!」 と言ってくれました。
(何だか申し訳ない・・)
突然だったのですが お邪魔させてもらうことにしました。

食事を済ませて しばらくすると お友達のいとこのお兄ちゃんがやってきました。
幼稚園の年中さん 5歳になったばかりの その子は 中学生 小学生のお兄ちゃんお姉ちゃんが
いるというだけあって落ち着いていて しっかりしている印象です。

息子達がメロメロお絵かきをしていた紙に 自分の名前を漢字で書いてくれました。
そして 感動したのが 紙芝居!!!
本を良く読むというだけあって 本当に上手に紙芝居を読んでくれるんです。
ぼくのくつ  くまの子ウーフ

紙芝居って読むのがとても難しいはずなのに 感情もこもっていて。
漢字にふりがながふってある書き方なのに 本当にスラスラと読んでいるのです。

読むこと 書くことが やらされているんじゃなくて 好きなんだなあ。。
好きな個性が自然と伸びていて ステキだなあと 
上手に読んでいる声を聞きながら感動してしまったのでした。

お菓子を取っても 二つとって黙って息子に渡してくれる 優しい少年でした。
自身が学ぶには 子供同士で遊ぶ中で はぐくんであげるのが一番なんだと思いますが、
息子がすきなこと 好きな分野 得意なことも 少しずつ
わかってきている今、
親もしっかりみていてあげないとと感じたのでした。

今日は 本当に日記になってしまいました。。"^_^"






スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。