スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

近況報告

moving.jpg


引越しの日から 1週間が経とうとしています。

まだダンボールが部屋に残っていますが 生活自体は アパート生活を忘れてしまうほど慣れてきました。

子供たちも 新居を気に入ってくれているようです。

私も すでに愛着が湧いているので 家のことが愛おしいような 感覚です。

新居の周りで ひかりケーブルを利用している人が居ないため
その工事がきてくれるまで インターネットはお休み。
1階にあるテレビも 家具の都合で しばらくはダンボールに入ったままです。

テレビもパソコンもない生活はとても静かで 
やらなければならないことがシンプルにみえてきて なかなか心地がよいです。

家自体の問題も 工事監督さんの誠実な対応とご説明があり
何とか 前に進みそうです
問題と言うのは 3点

① 最終図面が出来上がるずっと前からお願いしていた 2階ベランダの立水栓。

 施工されていなかった。

② 雨どいを夫の希望で 丸どいを角どいに変更。

20070522131422.jpg


施工後、その取り付けに関して 夫のイメージにはなかった ↓じょうご
20070522133322.jpg
が付いており そのじょうごの取り付けが
「曲がっている」「いや 通常の取り付け方です」と お互いの意見が合わなかった。

③ キッチンを2.5センチ かさ上げしてもらい 私の希望の高さに変更。
↓ 我が家ではありませんが 食器棚の一番下の部分。床のすぐ上の部分が黒いところ。その部分です。
20070522132021.jpg


食器棚も キッチンの下も同じような部材で統一してほしかった(我が家の希望)

現実は 白と黒で 正反対で 黒に変えて欲しいとお願いしたが
ツルツルの素材に 黒の塗料を塗るという塗装をしたために 手で触れば取れてしまうという状態。
取れないように やり直して欲しいと言うお願いを ハウスメーカーが どう とらえているのか・・ 

などと いろいろ あったんです。

お友達に聞いてもらったら 直してもらうのは当然だよ。って言ってもらえたんですが
自分達の要求が強すぎるのかと 考え直してしまうほど
ハウスメーカーの (あえて言えば営業さんの) 対応が こちらの納得できるものではありませんでした。

夫の両親にも何度と相談して 自分達が納得いくまでハウスメーカーと話し合いをすることで 考えがまとまり
工事監督さんの説明で やりきれなかったこちらの思い(私の思い)も解消されたように思います。

工事はこれからなのですが
感じたこと。それは 人間はやっぱり心なんだなということ。
気持ちがあれば 必ず相手には伝わるし 態度や行動にでるし
気持ちがなければ どんなに口で伝えても 相手には響きません。

人と人 よりよい関係を築いていけるかは ハートなんだなと 改めて実感しました。

長くなってしまいましたが

新生活は 穏やかに 笑顔の中進んでいます。

家自体の問題に関しては 夫や夫の両親など 多く話し合うことで より絆が深められたかなと感じています。

夫は 昨日より 社員旅行で海外へ。
私は 夫の実家の田植えを 微力ながら お手伝い
(働くって 気持ちがいいなって思いました)
息子は 初めて ”お友達”ができて 幼稚園がますます楽しそうです。
娘は おしゃべり 絶好調!!

新居の様子は 写真が現像でき次第(フイルムなもので・・)
紹介していこうと思います。
そのときはまた感想を聞かせてくださいね。

それでは!!

スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

うわぁーもう新しいおうちに住んでいるんだねぇ。感慨深いでしょうねぇ。

話し合いって大切だね。気持ちって大切だね。
私もこのごろ思ったよ。
祖母の入院で、親とも協力したり、色々話したりして、親との距離が縮まった気がしました。(この先親が病気になったりするかもしれない、そのときへの心の準備が少しはできた気がします。)
あこちゃんも今回だんなさんのお父さんお母さんとたくさん話して距離が縮まったんだろうね。いいことだね^^。

お久しぶりです!!
わーー引っ越しが済んだのですね~☆
どんなお宅なのかしら♪

息子さん、幼稚園も楽しく行っているようで良かったです♪
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。