スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

リハーサル 8月14日

結婚式前日。

今日のメインは 結婚式のリハーサルです。
主役の二人は神父さんとの会食や 細かい打ち合わせでしょうか 別行動。

彼女のお父さんと 弟の親友 私たち5人の計7人でwatar taxiに乗りに行きました。
本当は前日予定してくれていたのですが 息子の病院でいけなくて急遽 連れて行ってくれました。

channel cat
私たちが乗ったのは channel cat。

以前 彼女がお仕事していた cerebration belleという客船は 一日とか何日かかけて食事も豪華なものだそうで
今回はハードスケジュールのため断念して 数時間リバークルーズ?を楽しみました。

弟の親友は こういうことは珍しいといっていたけれど 
表示してある運行スケジュールが間違っていて なかなか乗ることができず
夏休みで混雑してたこともあって 途中で下船して買い物するのをあきらめ
1時間40分 フルに乗り続けて 気持ちのよい風を楽しみました。

息子は前日に処方された 抗生物質が 効き過ぎてしまったようで 何をしても起きない状態で
4時間ほど眠り続けてしまい 船に乗った直後のことしか 覚えていないと思いますが
娘は楽しそうな姿がみれました。
(アメリカの5歳児と日本の5歳児では 体の大きさが違ったりするのでしょうか。。
次回からは7割程度に減らして 薬を飲ませたところ 問題ない様子でした。)
余談ですが 日本では”死んだように眠る”と言うそうですが アメリカではいくら爆睡でも
死んだように とは 表現しないそうです。

その後は 念願だった スーパーマーケットへ。
30分くらいしか 時間がなかったのですが アメリカのスーパーは面白い!!
彼女が言うには とにかくなんでも種類が多いのだそうです。
何十種類のなかから 選ぶから 楽しいけど 大変!?なのだそうです。

おみやげは 地元の人が普通に利用する場所で買いたい!!というのが 私の旅行の小さなこだわりなので
彼女のお父さんや 弟の親友からいろいろ 教えてもらいながら いろんなお菓子を買い込みました。
また余談ですが 弟の親友(アメリカ出身の方)は 今日本に住んでいますが
日本のピーナッツバターは 彼に言わせるとピーナッツバターではないそうです。
ただ、ピーナッツをつぶしただけ!のピーナッツバターはアメリカで5キロも買いだめするのだとか。
jif.jpg

↑これが彼のオススメ JIF。 ウチもかってきました。 身長を伸ばすには milk and peanut butterだとか。 ホントかなあ??

結婚式のリハーサルへ。

当日の動きを神父さんと一緒に主の出席者全員で確認していきます。
全員でやるのが面白いなと思いました。

お父さんと腕を組んで入場するところも全てやるんです。

息子は ring bearer
娘は flower girl というお役目をいただいたので 
彼女のお姉ちゃんの子供さんとペアを組んでバージンロードを順に歩いていきました。

結婚式前日は 主要な出席者が大勢 彼女のお家にやってきます。
夕ごはんは みんなでセルフのサンドイッチです。 かなりカジュアルなスタイルです。
家族、親戚、カメラマン、神父さんもいたと思います。
みんな地下の広いお部屋で思い思いお話をしたりビリヤードをしたり・・

後半には 弟夫婦から みんなにプレゼントがありました。
そして 夫婦同士も その日まで秘密にしていたという プレゼント交換がありました。
便乗して 日本から持ってきた キティーちゃんとポケモンが主になっている 
子供向けのプレゼントを うちの子供たちから渡し、
彼女のご兄弟とご両親には かりんとうと芋けんぴ 
それから 扇子と手ぬぐいなどの詰め合わせを贈りました。
かりんとうはすぐに食べたのですが 好評でした。 

さて、みんながお帰りになって 10時を過ぎたでしょうか・・

新婦は 結婚式前日には新郎とは会わないという習慣のようで 
彼女と友人達と式場近くのホテルに泊まることになっていました。
(結婚式当日も 式が始まって入場するまで 弟は控え室に閉じ込められ(笑)彼女に会えません)

ホテルへ行く準備をする彼女。

でも・・・ 式当日までに しなければならないことが 山ほど残されていたことを
ここへきて 初めて みんなが知ったのでした。。。。

さあ、大変です。

彼女のお母さんは 呆れてしまったでしょう。 笑顔が消えてため息ばかりになってしまいました。

彼女もハードスケジュールで頑張ってきたこと 確かにいろいろやり残してしまったけど頑張った準備もたくさんあったこと 前日の夜は友人と最後の夜をのんびりと過ごしたかったこと。
目が真っ赤になっていました。気持ちはわかる!わかる!と思ったけど 周囲の人の気持ちもわかる!わかる!と言う感じ。
結婚式の舞台裏です、ホームステイでなければみることのできない場面です(苦笑)

確かにやっていなかったのは まずかったとは思いますが 
もうそんなことを言っている場合ではありません。

heartmints.jpg
↑mints(イメージ)これを たぶん数百個またはそれ以上 手作り
キッチンでお友達チーム 弟の親友が何でもできるスーパーマンなので どんどん出来上がって行きました。
緑やピンク 黄色もあったかなあ。。

それでも 型抜きは 一個ずつなのでかなり時間がかかったと思います。

私たちは デコレーション用の鶴を折り紙で折っていきます。これも2時間ほどかかったでしょうか。

彼女のお母さんは 結婚式の式次第のパンフレット それから 二人の小さい頃からの写真を使った
大きなボード作りと かなりの大仕事です。

12時前に彼女はホテルに向かい その後 彼女のおうちでは 深夜まで準備が続きました。
特にご両親は 相当大変だったようです。

こんなときに出てくる愚痴や考えは 日本もアメリカも全く同じです。
まだまだ若い二人です。 








スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。