それぞれの立場で

ペンギン

この間 友達とチャットをしていたときのこと、
私とは正反対のような環境でアクティブに頑張る友達に対して
「最近は 何か 新しいこともなくて 毎日がただ過ぎていってるだけな感じ・・
保守的になってしまったというか・・」と ぼやいたところ。

彼女に「守るべきものがあるんだもん 保守的になっていいんだよ」というようなことを言われました。

今まで 何でも積極的がいい 保守という言葉が何かネガティブな要素な言葉と考えていました。

確かに 私の毎日は とびっきり新しい出来事は起こりにくいけれど
{守るべきものができたということなんだ}と思ったら 受け止め方がずいぶんと変わりました。

他人のことは何でもよく見えたりしますが 
まず自分自身がどれだけの幸せに囲まれているのか
見つめなおさなくてはダメですね。
 
ほ‐しゅ【保守】

1 正常な状態を保つこと。「休業時も機械を―する」「線路の―点検」

2 旧来の風習・伝統・考え方などを重んじて守っていこうとすること。また、その立場。「―派」革新。



スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

う~ん、考えさせられました。。。
私も最近、毎日があっという間に過ぎていく割に 変化がなくて なんとなく煮え切ってなかったから。


あと、自分の周りの幸せさがし→ついつい忘れてしまいがち。 夫の良いところ、子どもたちの良いところ、できるだけ口に出していきたいな(難しいけど…)


ありがと!!あこちゃん♪

変化のない毎日と言うのは 裏を返せば幸せということなんだけど 
なかなか私もそうは思えません。

ちょっとしたきっかけで 気づくことがあるから
面白いなって思います。

じゃあ お互いにメールで家族のいいところをあげてみますか!!

私もあこさん同様に考えているところがあったので、お友達の言葉がとても心に残りました。

現状に満足することも大切ですね。あこさんのおかげで気づきました。ありがとうございます!

コメントありがとう。

本当ですか? 置かれた立場一つで
感じ方が違うんだな考えさせられました。

会話する 対話するという面では
保守的にならず(笑) 積極的に誰かと向き合うことで いろいろ気づかされることがあるきがします。