新しい世界

grandmother.jpg

仕事終わりに 祖母の家に立ち寄った。
小さな頃は 最後の一言がおせっかいに思えて なかなかなつかなかった(らしい)私ですが
大人になってからは ナイスキャラの祖母とはマメに会って 話す機会を多く持っている。

今日は、祖母に誘われ 近くにできたばかりのうどん屋さんにランチに出かけた。
80年以上生きてきた人の話は それだけで説得力があり 道しるべになり 
「これでいいんだ。」 という自分への確認作業になっている。

祖母は 私の体をいつも気遣いながらも 無理のない程度に仕事を持つことを応援してくれている。
少しだけでも外へ出て 他人と話をするだけで 子育てのみの生活から開放されて
気持ちが晴れるでしょう。と。

今の仕事を始めてもうすぐ3ヶ月。
自分よりも後に入ってきた人も増えてきた。
母や妻以外の 自分の世界が一つ増えたのは とても新しいことで
責任はあるけれど 生活が充実して。 
以前より 時間は制約されたはずなのに 学びたいという意欲が強くなっている気がする。

年齢のせいにするもの言い訳。
環境のせいにするのも言い訳。
そういわれたわけではないけれど 祖母をみているとそう教えられる。
全ては自分から起こしていく行動次第。 できないことはないのだと・・

将来、自分が80歳を越えて 孫とランチして 語り合うことができたら どんなことを話すんだろう・・・ 







スポンサーサイト

コメント

非公開コメント