教員のふりをして(笑)


japanberry.jpg

木曜日 6年生のかがやきの課外授業がありました。
歩いて 現地へ向かい 地域ごと解散とのこと。
ルール上 学校側で けが人の送迎が困難とのことでしたので 
急きょ ドライバーになることになりました。

学区内のイチゴ農園
生き方を学びましょう! と ずいぶん深い主任の先生のあいさつ。
あいさつを聞いて 農園の代表の方も どうしていちご農園をするまでに至ったのかを 
わかりやすく 詳しく 話してくださいました。

そして 子供たちには”見学”という名の イチゴ狩りも ついてきたわけで・・
しかも 制限なし。
市販のイチゴが入っているプラスチックのパックを手渡され ヘタ入れだといわれましたが
ヘタだけで パックいっぱいになっている子供を何人もみました。

私は 息子の担任の先生のご厚意で 現地にいることに。
先生のふりをしていてくれたら いいですから・・(←冗談ですよ)

と 本当に6年3組にピタっとくっついて 見学をさせてもらいました。
イチゴもちゃっかり食べちゃって・・
とっても美味しかった!

息子の友達たち けが人を 結局は3人のせることに。
6年生たち 成長が感じられました。 もう半分大人です。

子供だけでなく 大人の私も知らないことがいっぱい!よい授業をきくことができ よかったです。

いちごは 形の悪いものほど 時間をかけて赤くなるので 味が濃厚で美味しい。
今の時期より 寒い時の方が これまた時間をかけて赤くなるので 美味しい。
いちごの形は ハチが受粉をしてくれたときの クルクル感(伝わるかなあ) が 上手かったかどうかで決まる。

とか・・ 面白いですね。





スポンサーサイト

コメント

非公開コメント