スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

自分で


POC-checklist-blog.png

よくよく考えれば 主婦として出来ていないこともいっぱいある私。

子供にばかり 望むのはダメよね。

母としても怒ってばかりの日もあるのだから。

そう思ったり 思っているのに思いとは裏腹に子供に言ってしまったり。

未熟な母の葛藤はまだまだ続いておりますが(笑)

夏休み中の子供たちから 仕事中の私に連絡が入ることが 少なくなっているように思います。

帰宅して聞いてみると 娘は自転車で お買い物に出かけたり

宿題がすすめてあったり 友達と外で運動していたり 何もしてないわけではなさそうで・・(笑)

この間は 息子がお昼に友達とマックに行きたい といって 楽しそうに出かけてみたり

サッカーの観戦に友達と二人で出かけたり 行動範囲も行動する人も 変わってきました。

息子はスーパーにもいかなくなったし もちろん手もつないだりなんてずいぶん前からなくなったし。

6年生だから わかるけど、 本当にこういう日くるのね~

成長していく2人に 母はいろいろ思うのでしたあ。

ちょっと暗いのでこの続きは読みたい人だけ。。


ここからは“母”は私のことではなくなります。
解りづらかったらごめんなさい(((^_^;)

”自分で考えて 行動できる子”

私の母の理想は ↑ のような 子育てだったと思われます。

本当にこういう子供を育てるためには 
子供を信じて 口出しをせず 
まずはありのままの子供の姿を
受け入れてあげないといけないと
今の私は考えています。

母は優等生タイプのため(実際優等生だった・・) 
母は子供時代当たり前に出来ていたことが
私には当たり前に出来なかったし 
母がこうすればいいじゃん!って
明るく言ってくれていたことが
私には わたしはそんな風に出来ない・・
と 捉えていました。
もちろん母はとってもとっても愛情深く
私を育ててくれたのだけれど・・

”母と私は違う人間なのよね。。
私は私で違うし それでいいし 
“劣等感”を持たなくていいんだ”

気付き始めたのは本当に最近のこと。

母に何か言われるたびに どこかで 
’どうせ私は‥’って
思ってしまっていた。
劣等感を持っているんだと 認識できたのも最近のこと。

母の影響はいい意味でもとても大きかったけれど 
母の理想のようになっていないから駄目なんだと小さなころから勝手に思っていた自分が居たように思うのです。

ここにたどり着いたのは 自分が子供に対してでてしまう 言葉の数々を
思い返して ’ああ、これって私の劣等感からきている’って 認識できた時から。
気付かせてくれた子供たちを 今まできっとたくさん傷つけてる。
だから もうここでやめなくちゃって やっと前向きに思えています。
ありがとう と ごめんなさい です。

こうやって言葉に綴ったのも 私の中では大きなことかもしれません。
自分で自分を受け入れるって作業をしている38歳の私です(^-^)












スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。